初回公開日:2019年01月24日
更新日:2020年09月19日

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ

記載されている内容は2020年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「データサイエンティスト」とはどのような職業なのでしょうか。また、必要な資格などはあるのでしょうか。このぺージでは、データサイエンティストの仕事内容や、必要なスキルや資格などについて、考察・ご紹介しています。ぜひ、参考にしてみて下さい。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

データサイエンティストとは

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
近年のIT業界では、発展とともにさまざまな役割や職業が誕生しており、今やIT関連の職業は、数えきれないほと存在しています。

「データサイエンティスト」もまた、IT業界に関連する職業の1つですが、具体的にどんな職業で、何を仕事にしているのか、理解していない方も多いでしょう。

そこで今回は、「データサイエンティスト」をテーマにして、仕事内容や年収、必要なスキルなどについて、考察・ご紹介していきます。

データサイエンティストの主な仕事内容

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
まずは、データサイエンティストとは何をする職業なのか、主な仕事内容について考察していきます。

データサイエンティストの仕事内容は大変幅広く、ビッグデータなどの収集や、収集したビッグデータの管理・運用、分析などとなっています。

また、場合によっては、収集したビッグデータをレポートなどにまとめ、見える化することも、データサイエンティストの仕事の1つとなっています。

ビッグデータの定義とは

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
データサイエンティストは、ビッグデータと関わりが深い職業です。そこで続いては、ビッグデータとはどのようなものなのか、紹介します。

以下に引用した「コトバンク」の解説によると、ビッグデータとは「膨大な量のデータ」だと読み取れます。SNSへの投稿や店舗の売り上げ状況、自動車の移動経路など、日々増加する上で不特定多数を対象としているものが、ビッグデータと見なされると言われています。

実際のところビッグデータにはあまり明確な定義はありません。ただしExcelや古い統計ソフトなどではデータが多すぎて分析が難しい場合は、ビッグデータと考えていいでしょう。

「膨大な量のデータ」を意味します。特に、店舗ごとの販売状況や自動車の移動経路、SNSへの投稿など、対象が不特定多数で日々増加していくような情報が対象です。クラウド・コンピューティングの発達でこうしたビッグデータの蓄積や分析が可能となり、意外な因果関係や動向などを見つけるための研究開発が活発に行われています。

出典: https://kotobank.jp/word/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%8... |

データサイエンティストの将来性と年収は?

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
データサイエンティストという職業で、生活を送ることが可能なのか、気になっている方も多いでしょう。

データサイエンティストの年収は、年齢や雇用形態、企業によって大幅に異なりますが、平均的な年収は500万円前後のようです。

ビッグデータは、今後も増えていきます。さらに、ビッグデータの有効活用の重要性も高まると考えられるため、将来性もあると考えられそうです。

データサイエンティストになるのに資格は必要?

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
ビッグデータなどの収集や管理、運用などを行うデータサイエンティストですが、データサイエンティストになるのに、資格などが必要なのかも、気になるところです。

データサイエンティストになるのに、国家資格などを取得しなければならないということはありません。しかし、誰もがデータサイエンティストになれるわけではなく、大学などで統計学を学んだり、テータ分析の専門的なスキルが求められたりすると言われています。

データサイエンティストになる上で必要なスキル5つ

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
上記でも述べたように、データサイエンティストには、データ分析や統計に関する技術や知識が求められます。また、収集したデータをビジネスに活かすための運用に関する手腕なども、データサイエンティストには必要なものだと言えるでしょう。

そこで続いては、データサイエンティストとして働くために必要な知識やスキルについて、考察していきます。データサイエンティストを目指している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

必要なスキル1:統計学に関する高い知識

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
データサイエンティストは、ビッグデータなどの統計を取り、その結果などを分析した上で、ビジネスに運用などをする職業です。そのため、データの統計ができないと、仕事になりません。

上記のような背景から、データサイエンティストになって働くには、統計学に関する専門知識や高いスキルなどが求められます。大学などで専攻して統計学を学ぶなどの、専門性が求められます。

海外では、大学院までいかないと話にならないといわれるところもあるようです。

必要なスキル2:R言語に代表されるプログラミングスキル

データサイエンティストは、単に統計を取るだけの職業ではありません。ビッグデータを分析したり運用したりするには、ITに関する技術などが必要となります。

特に、R言語やPythonなどを代表とした、プログラミングに関する知識やスキルは、データサイエンティストには欠かせません。ですから、データサイエンティストを目指すには、統計学の他にも、プログラミングスキルも身につける必要があります。

必要なスキル3:データマイニングスキル

「データマイニング手法」とは、分析に関する手法の1つです。データサイエンティストになるには、データマイニングに関する知識やスキルも、必須だと言われています。

また、データベース自体に関する知識・スキルも必要になります。SQLが扱えることは必須と考えていいでしょう。

データサイエンティストの場合は主に、企業などが所持しているビッグデータなどをもとに、パターンや傾向などを発見して、ビジネスやメーケティングに活かしていく際に、データマイニングスキルが必要になると考えられます。

必要なスキル4:ビジネススキル

データサイエンティストは、統計学に精通していたり、IT技術に優れていたりするだけで成立する職業ではありません。ビジネスに関するスキルがないと、統計や分析したデータを有効活用できないこともあるため、ビジネススキルなども必要だと言われています。

特に、何のためにデータを分析しどのように自社のビジネスに活かしていけるのか、理解したり判断したりする能力は、データサイエンティストとして働くのに重要です。

必要なスキル5:ロジカルシンキング

データサイエンティストは時に、分析した結果をもとに、現象などの原因などについても考えなければなりません。単にデータや数字から読み取れる部分だけを分析していたのでは、データサイエンティストの仕事としては、物足りないと評価される可能性もあるでしょう。

ロジカルシンキグを用いて、より多角的な目線でデータ分析したり、あらゆる角度から物事の原因を考察したりする能力も、データサイエンティストには必要です。

データサイエンティストを目指す人に有利な資格5つ

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
上記では、データサイエンティストには国家資格などはないとご紹介しました。

しかし、データサイエンティストを目指す上で、取得していると有利だったり便利だったりする資格は、多数存在しています。

そこで続いては、データサイエンティストを目指す上で、取得していると何かと役立つ5つの資格をご紹介していきます。

有利な資格1:統計検定2級以上

「統計検定」とは、名称どおり、統計に関連する知識や技術、応用力や活用力などを検定する、全国統一型の試験です。

データなどをもとに、客観的な判断力を用いて、科学的に解決したり分析したりする能力が求められる検定となっており、データサイエンティストに必要なスキルなども、内容にはたくさん含まれています。

1級~4級までありますが、特に2級以上を持っていると、強みとなる可能性があります。

有利な資格2:応用情報技術者試験

「応用情報技術者試験」は、国家試験の中の1つです。経済産業大臣が認定している「情報処理技術者試験」の中に含まれる区分の1つで、「IPA」によって主催されています。

応用情報技術者試験に合格することで、ITエンジニアや技術者として、応用的な技術や知識を持っていることが証明されるため、データサイエンティストを目指すにあたっても、強みとなる可能性がありそうです。

有利な資格3:オラクルマスター

「オラクルマスター」は、日本オラクル社によって運営されている資格の1つです。「オラクルデータベース」などを扱うために必要な知識や技術を持っているかどうかが試される試験となっており、認定されれば、データベースの管理や運用、SQLのスキルなどが認められると言われています。

データサイエンティストとして働く上でも、重要なスキルとなっているため、取得しておくと便利な資格と言えそうです。

有利な資格4:OSS-DB技術者認定試験

「OSS-DB技術者認定試験」は、オープンソースデータベースに関連する内容を含んでいる、認定試験です。

ランクが2種類にわかれており、SilverとGoldがあります。主催は、エルピーアイジャパンとなっており、オラクルマスターと並んで、データベースに関する資格の1つとなっています。

有利な資格5:ITストラテジスト

「ITストラテジスト」は、情報技術や経営支援などの知識・スキルが求められる、IT戦略策定に関する資格です。最高情報責任者などを目指す方に必須の資格だと言われていますが、データサイエンティストとして働く上でも、取得しておくと役立つ資格の1つと言えるでしょう。

ITストラテジストの資格は、IT関連の資格の中でも、最高クラスの難易度だと言われているため、取得しておくと強みになる可能性があります。

データサイエンティストを目指すなら資格の勉強を!

データサイエンティストに必要なスキル5つ|資格5つ
今回は、「データサイエンティスト」をテーマにして、データサイエンティストの仕事内容や必要なスキル、取得しておくと役立つ資格などについて、ご紹介しました。

データサイエンティストになるのに、必須と言われている資格はありません。しかし、関連資格を取得することで、実力の証明になる可能性があります。

データサイエンティストは需要も高い仕事ではありますが、条件の良い仕事は競争率が高いため、データサイエンティストを目指す場合は、資格も取得することをします。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら