初回公開日:2020年12月15日
更新日:2020年12月23日

フリーランスを始めるのに登録は必要?必要なことをまとめました

記載されている内容は2020年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

フリーランスとして自力で稼いでいきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、フリーランスを始めるために必要なことや登録しておくべきサイトについてご紹介していきます。フリーランスの働き方に興味のある人は、ぜひ読んでみてください。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

フリーランスを始めるのに登録は必要?

フリーランスを始めるのに登録は必要?必要なことをまとめました
近年の働き方改革や新型コロナウィルスなど未知のウィルスの脅威によって、フリーランスとしての働き方に興味を持たれている人も多いことでしょう。

実際にフリーランスとして活動を始めるにあたり、どこかに登録や申請をする必要があるのでしょうか。

結論から言うと、フリーランスとしての活動に必要な登録などはなく、自分でやりたいという気持ちがあれば、誰でも始めることができます。

ただしサイトへの登録はおすすめ!

フリーランスとして活動するのに、どこかに登録する必要はありませんが、求人案件を探すために便利なマッチングサイトへの登録はおすすめです。

マッチングサイトには、非公開案件など自分では探すことができないようなシークレットな案件をエージェントが探してくれるメリットもありますので、フリーランスとして活動を始めるなら、サイトへの登録をしておきましょう。

フリーランスを始めるにあたって必要なことを紹介

フリーランスを始めるのに登録は必要?必要なことをまとめました
先述の通り、自分の気持ち一つでフリーランスとして活動を始めることはできますが、それでも最低限やっておいた方が良いことをご紹介します。

例えば、税務署に開業届を提出することや、事業用の銀行口座の開設や実印の準備などは、事前に済ませておけば、後で焦ることはないでしょう。

開業届のメリットや実印の用意についての理解を深めるために、下記で詳しくご紹介していきます。

税務署へ開業届を提出しよう!

フリーランスを始めるにあたって必要なことの1つ目は、税務署に開業届を提出することです。

税務署に開業届を提出することで、フリーランスとしてやっていく意識を高められると同時に、屋号を持つことで、取引先とのやり取りの際に先方に覚えてもらいやすくなります。

また、印象が良ければ、継続的に仕事を発注してもらえる可能性も高くなるというメリットがあります。

開業届の提出は無料なので金銭的リスクもなく、むしろ、税務上での優遇を受けることができますので、ぜひ開業届は提出しておきましょう。

事業用の実印を用意しよう!

フリーランスを始めるにあたって必要なことの2つ目は、事業用の実印の用意です。

フリーランスとして活動する場合、事業用の実印を用意しておく必要がありますが、個人用として印鑑登録したものが事業用の実印となります。

開業届の提出の際に屋号を設定した場合は、屋号を含めた印鑑を作っておいた方が、その後のやり取りで使用することを考えると便利です。

また、フリーランスの場合、認印、銀行印、実印を1つにまとめることが可能ですので、会社と比べて管理が楽というメリットがあります。

職種別にフリーランスのおすすめサイトを登録しよう

フリーランスを始めるのに登録は必要?必要なことをまとめました
フリーランスといっても、人それぞれ職種も異なってきますので、求人案件を探すために登録する、おすすめのサイトも変わってきます。

ここからは、職種別に登録しておいた方が良いおすすめの4つのサイトのサービス内容やメリットなどをご紹介していきます。

以下にご紹介する、それぞれの内容を確認してから、自分の求める職種に適したサイトに登録しておきましょう。

フリーランスエンジニアなら「Midworks」

フリーランスエンジニアとして活動していく人は、「Midworks」というマッチングサイトに登録しておきましょう。

Midworksでは、正社員並みの保証が付くなど手厚いサポートに加え、個人事業の難敵とも言える面倒な事務作業を代行してくれます。

取り扱っている求人件数についても、平均3,000件以上の求人が登録されていますので、自身の求める案件を見つけやすいでしょう。

フリーランスWebデザイナーなら「DYMテック」

フリーランスWebデザイナーとして活動していく人は、「DYMテック」というマッチングサイトに登録しておきましょう。

DYMテックでは、社長と直に交渉できる「直請け高単価案件」などが豊富に揃っていますので、実力次第でかなりの高額案件を受注できる可能性があります。

また、企業に直接言いにくい相談などにも親切丁寧に乗ってくれるなど、サポート体制も万全なところも魅力です。

フリーランスWebマーケターなら「プロの副業」

フリーランスWebマーケターとして活動していく人は、「プロの副業」というマッチングサイトに登録しておきましょう。

プロの副業には、完全副業の人向けの「月1回~、土日だけ」といった条件で働ける案件が豊富に揃っています。

他に本業を持っているため、フリーランスとしての仕事に多くの時間を費やすことはできなくても、スキマ時間でこなせる案件を受注したいという人に嬉しいサイトです。

フリーランスITコンサルタントなら「ハイパフォーマーコンサルタント」

フリーランスITコンサルタントとして活動していく人は、「ハイパフォーマーコンサルタント」というマッチングサイトに登録しておきましょう。

ハイパフォーマーコンサルタントでは、直請け案件が豊富なことに加え、上場企業の案件がメインに登録されていますので、高単価案件の受注が見込めます。

また、フリーランスコンサルタントの活動で困ったことがあれば、コーディネーターが相談に乗ってくれますので、安心です。

フリーランスを始めるのは気持ち次第!

フリーランスを始めるのに登録は必要?必要なことをまとめました
本記事では、フリーランスを始めるために必要なこと、職種別に登録しておくべきサイトについてご紹介しました。

フリーランスを始めるためには特別な登録作業をする必要はなく、完全に自分の気持ち次第です。独立志向が強く、熱い想いを持っている人は、ぜひフリーランスを始めてみましょう。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら