最終更新日時:2019年03月25日

カスタマーエンジニアとは|平均年収・役立つ資格・将来性・やりがい

クライアントのコンピュータ・システムやネットワークシステムなどを良好な状態に保つために、保守・点検・修理を行う仕事がカスタマーエンジニアです。クライアント先にトラブルが発生した際に訪問し、業務にあたりますが、時には常駐で働くこともあります。



カスタマーエンジニアとは

クライアントのコンピュータ・システムやネットワークシステムなどを良好な状態に保つために、保守・点検・修理を行う仕事がカスタマーエンジニアです。クライアント先にトラブルが発生した際に訪問し、業務にあたりますが、時には常駐で働くこともあります。

ハードウェアを対象とするカスタマーエンジニアがほとんどですが、ソフトウェアを専門とするカスタマーエンジニアも存在します。カスタマーエンジニアとして働く場合は、コンピュータ関連の販売企業や保守サービス企業へ勤務するという形が多いです。

カスタマーエンジニアの平均年収

NPO法人ITスキル研究フォーラム(iSRF)が2016年に作成した調査資料「IT技術者向けスキル診断調査レポート」によると、カスタマーエンジニアの平均年収は489万円となっています。

(参考:https://www.isrf.jp/home/event/chousa/docs/2016skillreport_it.pdf)

この資料ではITエンジニア全体の平均年収は502万円となっておりますので、カスタマーエンジニアの平均年収はITエンジニアとしては平均的な水準にあると言えます。

ちなみにこの年の日本全体の平均年収は、442万円ですので、日本全体の平均年収に比べると、カスタマーエンジニアは高い水準にあると言えるでしょう。

(参考:https://doda.jp/guide/heikin/)

カスタマーエンジニアに資格は必要?

カスタマーエンジニアとして仕事をするにあたって必須の資格というものはありません。

しかし、資格を取得することで、客観的にスキルをアピールすることができますし、仕事への熱意やアグレッシブさもアピールできますから、就職や昇給・昇進には有利になります。

カスタマーエンジニアが取得しておくと役立つ資格

カスタマーエンジニアが取得しておくと役立つ資格としては

①IT業界に関する資格

②取扱製品に関するベンダー系の資格

③語学系の資格

などがあります。

①IT業界に関する資格

IT業界全般に関する知識・スキルをアピールできる資格としては「情報処理技術者試験」があります。レベル1~4まで分かれており、レベル3「応用情報技術者試験」以上のレベルが企業から高く評価されることになります。

クライアント先のネットワークシステムを扱うことが多い職場ならばレベル4「ネットワークススペシャリスト試験」を、セキュリティに関する業務が多い職場ならばレベル4「情報セキュリティスペシャリスト試験」を取得する、というように適宜、勤務企業の業務に合った資格を取得するようにしましょう。

②取扱製品に関するベンダー系の資格

クライアント先のシステムに関わるベンダー系の資格が最も実務に直結するものでしょう。

TOEICや英検といった英語系の資格を取得することで、英語力をアピールすることができます。TOEICはスコア550以上、英検は2級以上からが評価の対象となる場合が多いですので気を付けてください。

カスタマーエンジニアの魅力

カスタマーエンジニアは、IT機器やシステムに関する知識・スキルが必要とされる仕事です。

IT機器やシステムに関する理解を深めたい人や、現場での運用に携わりたい人にはもってこいの職業と言えるでしょう。

また、クライアント先に応じたコンピュータ・システムやネットワークに関わることができますので、現場で必要なスキル・実務的な応用力を磨きたいという人にもおすすめの職業です。

カスタマーエンジニアの将来性

IoTやAI、ビッグデータなどの最新技術を非IT企業も積極的にビジネスに取り入れる時代となってきています。

そのため、カスタマーエンジニアの需要は減るどころか、これから増えていく一方であると予想できます。社会におけるIT技術のウェイトが増すにつれて、カスタマーエンジニアの重要性も高まっていくのです。

カスタマーエンジニアのやりがい

カスタマーエンジニアの仕事を端的に言うならば、「トラブルの解決」ですから、仕事の成果が目に見えやすい職業です。

トラブルを無事解決することで、クライアントにも感謝されますし、自身のスキルや取り組みを目に見える形で実感することができます。

モノづくり系のITエンジニアとは違う意味で、カスタマーエンジニアはやりがいを見つけやすいエンジニアであると言えるでしょう。

カスタマーエンジニアとは|平均年収・役立つ資格・将来性・やりがい

フリーランスでも正社員のような保障が受けれるって知っていますか?

エンジニアがフリーランスを目指すときに気になるのが、社員だからこそ受けられたさまざまな福利厚生。Midworksは独自の補助制度で、独立のリスクを最小限に抑えます

本来は正社員しか使えないリロクラブが使えたり、会計ソフトのfreeeが無料で使えるといったサポートがあります。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?






60秒でできる
無料会員登録