Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介

Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介
「Androidのアプリ開発は副業になるの?」
「アプリ開発を副業にするメリットやデメリットは?」
このように、Androidのアプリ開発での副業を考えている方には、いろいろな不安や疑問があるのではないでしょうか。

本記事では、Androidのアプリ開発をする上でおすすめの副業案件サイトや、副業でアプリ開発をするメリットとデメリット、アプリ開発に必要なスキルなどについて紹介しています。

その他にも、開発するアプリ市場によって異なるプログラミング言語や、案件紹介サイトを紹介しているため、本記事を読むことでAndroidアプリ開発が自分に合う仕事かどうか判断できるでしょう。

副業でAndroidのアプリ開発を始めたいと考えている方は、是非この記事をチェックしてみてください。

「アプリ開発」は副業になる?

Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介
近年では、働き方改革などの影響により、副業のニーズが高まりを見せています。しかしながら、副業を始めるにあたってさまざまな不安や疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

今やスマホはとても身近な存在です。便利なアプリが数えきれないほど開発され、誰でも簡単に使用できるため、アプリをダウンロードして使用した経験がある人は多いでしょう。では、アプリ開発は副業になるのでしょうか。

アプリ開発と言えば、IT企業などが中心となって開発している印象が強いでしょうが、実際は、個人が副業として請け負い開発したアプリも数多くあります。中には、企画、開発運営、売り出しなどを全て一人で行う開発者もいます。

アプリ開発は、知識を習得してスキルを磨いた上で稼げるようになる副業です。簡単には収入につながらないでしょうが、知識やスキルを身に付ければ徐々に稼げるようになる可能性が高いと言えます。

アプリ開発は、時間や場所を問いません。PC1つで好きな場所で、好きな時間に作業できるため、本業の合間にも行えます。契約によっては時間や場所の制約がないため、副業としてアプリ開発を行うことは十分可能でしょう。

Androidエンジニアにおすすめの副業案件サイト

Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介
副業案件サイトを利用すると、自分の条件やスキルに合った副業案件を見つけやすくなります。

副業案件サイトによって扱っている案件や条件などは異なりますが、登録はほとんどの場合無料でできるため、まずは気になる案件サイトがあったら登録してみましょう。最低でも2社以上登録すれば、サイトを比較しながら好条件の案件を見つけやすくなります。

週に数時間、数日から働ける案件を主に紹介しているサイトや、高単価な案件を取り扱っているサイトなど、サイトによって取り扱う案件が違います。

本業の状況によって外せない条件なども考慮しながら、いろいろなサイトを見比べ、自分に合う案件サイトを見つけてみましょう。

ここでは、Androidエンジニアにおすすめの副業案件サイトを5つ紹介します。サイトごとで取り扱う案件の傾向や福利厚生などに違いがあるため、まずはそれぞれの特徴を把握した上で比較してみましょう。

Midworks

複数案件の掛け持ちや、ライフスタイルに合わせた働き方が可能で、週3日から働ける案件やフルリモートでの案件が豊富なサイトです。

案件が言語別で分かれていて、スキルに合わせて選択できることや、直エンド案件が多数あるため高単価案件が多いのが特徴です。

非公開案件が多数あり、福利厚生なども充実しています。

ITプロパートナーズ

週に2、3日から働ける案件が豊富に取り揃えられているサイトで、リモートやフレキシブルな時間にも対応可能な案件が多いのが特徴です。

クライアントとの直接契約で、仲介会社を挟んでいないことから、高単価な案件も多くなっています。スタートアップやベンチャー企業の案件数も多く、技術者としても面白い案件に携われる可能性が高いでしょう。

本業が休みの土・日で働きたい方や、案件を掛け持ちしたい方にはおすすめのサイトです。

クラウドテック

複数の案件の掛け持ちやプライベートの両立が可能で、週に3、4日から働ける案件を多数扱っているサイトです。約90%の方がリモートワークで稼働しており、場所を問わずに働ける案件が豊富に揃えられています。

クラウドワークスが母体にあるため、登録社数や案件も豊富です。企業との交渉やヒアリングなどのサポート体制も充実しているため継続率が高く、長期的に活躍している人が多いのが特徴です。

案件選びや契約締結、勤怠管理も全てオンラインで行え、専任のキャリアアドバイザーが適切な仕事を提案してくれます。

スタートアップから大手企業まで幅広い企業が登録しており、福利厚生制度も整備されています。

レバテックフリーランス

フリーランスエージェント業界屈指の登録者数を誇り、業界認知度が高いことでも知られているサイトです。専門に特化しており15年ほどの実績があります。

ITエンジニア専門のコーディネーターが、求職者のスキルを把握した上で、経験や希望に沿った案件の提案や営業活動を代行してくれます。

直請案件が豊富で余分な手数料がかからないため、高単価な案件が多いのも特徴です。案件参画中のフォローも充実しており、希望に沿った契約更新・交渉や次回案件の提案が受けられるため、契約更新率も高めです。

シューマツワーカー

こちらのサイトには、週10時間から働くことが可能な案件が多数あります。

原則として作業時間に指定がない案件がほとんどであるため、休日や本業の合間を利用しての作業が可能です。ほとんどがフルリモートに対応した案件のため、本業を続けながら働くことも難しくないでしょう。

また、独自案件や未公開案件も多数で、登録ユーザー数は4万人以上の実績があります。コンシェルジュによるサポートもあるため、仕事上の悩みやクライアントとの交渉などが必要な場合も安心できます。

副業でAndroidのアプリ開発をするメリット

Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介
副業を行えば、本業以外の収入やスキルアップが期待できます。本業と似た案件も良いでしょうが、本業とは少し違った案件の仕事に挑戦することで、本業以外のスキルや知識を身に付けることが可能です。

また、副業を通して新しいクライアントやエンジニアと出会える可能性が広がれば、視野や経験も広がり、新しい技術や働き方などにも触れる機会が得られるでしょう。

たとえば、一からアプリ開発をするには、デザインやマーケティング、企画など、幅広い知識やスキルが必要になります。習得するまでに勉強や経験を積む必要はありますが、習得してしまえば活躍の場も広がり、スキルアップが可能になるでしょう。

さらに、開発したAndroidアプリがヒットすれば、世界中の人たちに使用してもらえる可能性もあるため、やりがいを感じることができるでしょう。

副業を通して、スキルアップややりがいを感じることができるのが、Androidのアプリ開発の魅力です。

ここでは、副業でAndroidのアプリ開発をするメリットを5つ紹介していきます。
  • PCがあれば自分の好きな場所で作業ができる
  • 達成感・やりがいがある
  • 楽しみながら仕事をできる
  • 自分の予定に合わせて作業ができる
  • 金銭的に損失が生まれるリスクが少ない

PCがあれば自分の好きな場所で作業ができる

Androidアプリを開発するのに必要なものは、PCやスマホ、ケーブル、ネットワーク環境です。ネットワーク環境があれば、自宅やカフェなど、自分の好きな場所にPCを持ち運んで作業ができます。

同じ場所での作業に飽きて息が詰まったら、場所を変えて作業することも可能です。PCさえあれば大掛かりな設備投資は必要ないため、すぐにでもAndroidアプリ開発を始められます。

自分の好きな場所を仕事場にできたり、満員電車に乗って会社へ出社する必要がなくなったりする点もメリットと言えるでしょう。

達成感・やりがいがある

アプリを一から作り上げるにあたっては、コツコツと長期間の作業が必要なプロジェクトが多いため、さまざまなトラブルに見舞われることや、完成までに努力が必要なことも多くあります。

しかし、作業中の苦労は多くても、苦労を乗り越えた上でのアプリの完成は何事にも代えがたい喜びになるため、達成感ややりがいのある仕事と言えるでしょう。

作ったアプリがSNSで広がったり人気になったりすれば、他人からの評価が目に見えて分かります。開発者としての達成感ややりがいが得られて、それが次の仕事につながればモチベーションアップにもつながるでしょう。

また、アプリの開発にあたって複数の人が関わっていれば、完成したときの達成感や喜びを共有できます。さまざまな困難や苦労を共にしてきた仲間と一緒に、完成の喜びを共有できれば仲間との絆も深まります。

達成感ややりがいを得ることができるのが、アプリ開発の仕事です。

楽しみながら仕事ができる

自分が作っているアプリが、だんだんと完成に近づく過程を見られるのは、開発者として楽しいものでしょう。

アプリ開発を通して、世の中に利便性をもたらしたり困っている人を助けたりすることができれば、社会貢献にもつながります。使用した人の反響や感想を、レビューなどで得られるのも楽しみの1つでしょう。

稼げるようになるまでにはある程度の時間が必要でしょうが、自分のアイデアを形にすることや、ものづくりが好きな人にとっては、趣味の一環として楽しみながらできる仕事です。

自分の予定に合わせて作業ができる

個人でアプリを開発して公開するのであれば、自分の予定に合わせて作業ができます。

本業での仕事と違い、副業には上司や同僚などもいないため、誰かの都合に合わせる必要がありません。本業前後の空いた時間や休み時間、休日など、自分の予定に合わせた作業が可能です。

自分主体で作業できるため、遅くまで会社に残って残業を強いられることもありません。クライアントとの打ち合わせや連絡以外は、自分の好きな時間に作業が行えます。

金銭的に損失が生まれるリスクが少ない

副業をしたい人にとっての心配事は、金銭的な損失が生まれることでしょう。金銭的な損失が見込まれる場合はどうしても慎重になるため、それがネックとなり副業を断念した人もいるのではないでしょうか。

しかし、Androidアプリ開発の副業で必要な経費は、アプリを公開するときに必要なGoogle Play開発アカウント取得代の数千円程度です。

アプリの広告代などの費用はかかりますが、開発のための維持費などはほぼ必要ありません。初期投資や元手がほとんど必要ないため、お金がなくても始められます。

PCやインターネット環境があればビジネスを始められることや、万が一失敗しても金銭的に損失が生まれるリスクが少ない点は、Androidアプリ開発の大きなメリットと言えるでしょう。

開発したアプリで稼ぐ仕組みを作ることができれば、寝ている間など、働いていない時間でも不労所得を得られるようになります。

また、新しいスキルを身に付ければ、より高度な仕事に挑戦することが可能となるため、収入アップも目指せます。

副業でAndroidのアプリ開発をするデメリット

Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介
アプリを開発するには、ある程度の時間や忍耐力が必要です。

スマホの副業に多く見られるような、アプリからアンケートに答えるだけで済むものとは違い、コツコツと作業する必要があると同時に、アプリ開発をするための知識やスキルの習得も必要不可欠です。

副業せずに稼ぐ方法もある中、「なぜAndroidのアプリ開発をするのか」という目的意識を持って始めないと、貴重な時間を無駄にしてしまう可能性もあるでしょう。

公開されるまでに時間がかかり、努力や労力、忍耐力が必要になることは、Androidアプリ開発の大きなデメリットと言えるでしょう。

また、現在は公開されているアプリが増えてきたため、簡単に稼ぎにくくなってきてもいます。広告費や開発資金を豊富に使える大手の企業との戦いもあるため、知名度を上げて魅力的なアプリを開発しなければ、副業で大きく稼ぐのは難しいでしょう。スキルの習得以外に、戦略的に考える力が必要です。

その上、Androidアプリの場合は、Googleのサービスを利用するため、Googleのポリシーにその都度従わなければなりません。ポリシーに従わない場合、アカウントの停止や安定収入を失う可能性が起こり得ます。

また、どんなに優れたアプリを作ったとしても、批判的なレビューによって評価されない場合もあります。公開する以上、避けられないことではありますが、精神的に辛いと感じることもあるでしょう。

しかしながら、批判レビューの中には開発のヒントにつながるものもあるため、どう捉えるかは考え方次第です。

ここでは、副業でAndroidのアプリ開発をする主なデメリットをご紹介します。
  • 公開するまでに時間を必要とする
  • ダウンロードされるための戦略考案スキルも必要
  • アプリ公開後もバグ対応に時間を要する

公開するまでに時間を必要とする

アプリを開発して公開するまでには、いくつもの工程があります。コツコツと作業を進めていかなければならないため、忍耐力が必要です。また、公開までかなりの時間が必要となることや、公開するまで外部からの評価を得られないことはデメリットと言えるでしょう。

基本的に一人での作業が続き、強い意志がなければモチベーションを維持するのが大変なため、開発途中で作業の苦痛を感じる可能性もあります。

また、作業量が必ずしもすぐに結果に結びつくとは限らず、完成して結果が出るまで不安を感じることもあるでしょう。

それでも、途中で諦めてしまえば何も残らないため、いかに地道に継続できるかが求められることを知っておきましょう。

ダウンロードされるための戦略考案スキルも必要

たくさんのAndroidアプリが開発されるのに伴い、アプリ市場も飽和状態となりつつあります。誰もが思いつくようなアプリでは、公開しても検索上位になる可能性は低く、ダウンロードされることはほとんどありません。

そのため、アプリの開発には、プログラミングなどの技術的なスキルだけではなく、売り方を含めての戦略考案スキルが必要と言えます。「革新的なシステムを構築するにはどうすれば良いか」「ニッチ需要をどう捉えていくか」など、総合的に考えるスキルを養っておきましょう。

市場動向や経済情勢などを含めた多方面にアンテナを張って、常に学び続けるスキルを身に付けてください。

アプリ公開後もバグ対応に時間を要する

Androidアプリは、常に完璧な状態で公開できるわけではありません。使っていくうちにバグが見つかるなどはよくあることです。バグが見つかれば、その都度迅速に対応していく必要があります。

たとえ本業が忙しいなどの事情があろうと、バグが発生すればユーザーは待ってはくれません。早期にバグを解決しないと、アプリの評価が落ちたり、さらに深刻な状態に陥ったりする可能性もあるでしょう。

アプリ公開後も、バグが発生すれば対応しなければならないため、自分の仕事に対する責任感は必要不可欠な要素です。

アプリ開発に必要なスキルとは?

Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介
アプリ開発の仕事は業務範囲が広いため、幅広いスキルや知識が求められます。

たとえば、プログラミング言語は何種類も存在します。作成するアプリの内容や、開発するアプリがiOSなのかAndroidなのかによっても使用するものが異なってきます。

求められるスキルはいくつかありますが、代表的なものとして以下の5つを押さえておきましょう。
  • プログラミングスキル
  • システム開発スキル
  • フレームワークスキル
  • マネジメントスキル
  • 情報収集スキル

プログラミングスキル

アプリ開発を行うには、さまざまなプログラミング言語やスキルを覚える必要があります。作成するアプリによっても使用する言語やスキルが異なるため、それぞれのアプリに対応した言語やスキルを理解していなければ、アプリの開発はできません。


まず、Androidアプリの開発では、主に以下のプログラミング言語やスキルが必要となります。

・Java(Google言語の1つ)
・Kotlin(Android公式開発言語)
・Android Studio(Google社によるアプリ開発ツール)

1つ目のJavaは、Googleの3大言語の1つです。Googleのシステム開発で大活躍しており、アプリ開発以外にも多くの現場で活用されています。

初心者には習得が若干難しい言語のため、初めて学習する言語に選ぶと苦労する可能性がありますが、習得しておけばさまざまな開発に携わることが可能です。

2つ目のKotlinは、新しくAndroid公式開発に選ばれた言語です。2017年頃にGoogleに公式認定されたのに伴い、一気に知られて使用されるようになりました。Javaに比べるとやさしい言語のため、Androidアプリ開発目的であれば最初に学習することをおすすめします。

3つ目のAndroid Studioは、Androidアプリを公式開発するためのツールです。基本的に、アプリ開発はツールを使って進められ、JavaやKotlinの言語はツール内で使用します。そのためAndroidアプリ開発をするには習得が欠かせません。

次に、iOSアプリの開発で主に必要なプログラミング言語やスキルは以下のとおりです。

・Swift(iOSアプリ開発専用の言語)
・Xcode(Apple社によるアプリ開発ツール)

こちらも、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1つ目のSwiftは、iOSアプリ開発専用言語で、Apple製品全てのアプリを開発できます。記述がシンプルで、初心者でも学習しやすい言語です。

2つ目のXcodeは、Apple社が開発しているアプリ開発ツールです。Swiftを使用した開発には、基本的にXcodeを用います。iOSアプリを開発するには習得が欠かせません。初学者にも比較的使いやすく設計されています。

このように、開発したいアプリがAndroid対応かiOS対応かによっても使用する言語が異なるため、しっかりと把握しておきましょう。

アプリ開発には、いくつものプログラミング言語やスキルの習得が必要不可欠です。まずは、作成したいアプリのプログラミングスキルから勉強していくことをおすすめします。

システム開発スキル

「アプリ開発の仕事は一人で黙々と作業するイメージが強い」という方もいるでしょう。しかし、実際の開発には複数の人が関わります。そのため、システム開発全体を「流れ」として把握する能力が必要不可欠です。

開発、設計、テスト、運用、メンテナンスなどのさまざまな工程を把握した上で、全体の流れをつかむスキルを身に付けましょう。

アプリ開発者がシステム開発のキーパーソンとなることもあるため、システム開発の流れをつかむスキルは重要です。

過去のシステム開発の流れを勉強したり、さまざまな案件をこなして経験を積んだり、他分野の人との交流を増やしたりするなど、幅広い知識の習得を意識していきましょう。

フレームワークスキル

作業の効率化を図るためには、作業工程のフレームワークを考える必要があります。あらかじめルール化した中で考え、作業を進めていくことができれば、作業量の減少や効率化に役立ちます。

経験が浅くても、共通したフレームワークスキルが身についていれば、作業を効率的に進められます。無駄な作業も減らせるため、プロジェクトのスピードアップや費用の削減にも役立つでしょう。

効率化したツールがあれば、アップデートなどのときにも効率的に対応ができます。

マネジメントスキル

アプリ開発にはさまざまな工程があり、多くの人が携わります。そのため、全体の流れや各工程の現状を把握した上で、問題が発生した場合に解決するスキルや人をまとめるスキルが必要です。

納期に仕事を終わらせるには、適切な仕事配分やプロジェクトの進捗の把握が必須です。予想外のトラブル発生時には、適切な判断と柔軟な対応などが求められます。

このようなマネジメントスキルは社会人としても必要なものですが、さまざまな工程や多くの人が携わるアプリ開発では、特に欠かせないスキルと言えるでしょう。

情報収集スキル

IT業界は日々進歩し続けているため、世の中が求めるアプリを開発するには、新しい情報を収集して取り入れていく必要があります。

SNSなどで情報を収集したり、コミュニティなどへも積極的に参加したりすることを怠れば、IT業界の技術のスピードに取り残されてしまうでしょう。

常にアンテナを張って、積極的に新しい情報を収集して取り入れるスキルは、時代に対応したアプリを制作するには欠かせません。

常に新しい情報を収集し勉強し続けることで、アプリ開発者として活躍できるようになるでしょう。

Androidアプリ開発を副業にして収入を得ることは可能

Androidのアプリ開発は副業になるの?メリット・デメリットを紹介
Androidアプリの市場は拡大し続けています。そのため、アプリ開発を副業にして収入を得ることは十分可能です。

スマホが人々にとって欠かせない存在となっている現代では、アプリ開発の需要が高まり続けており、市場でもアプリを開発できる人が貴重な存在となっています。

仕事内容に関しても、新しいアプリの作成だけではなく、過去に開発したアプリの効率化や、動いているアプリのバージョンアップなど、アプリ開発者の需要が尽きることはありません。

アプリ開発者は求められる存在であるため、これからAndroidアプリ開発を副業に選んで始めたとしても遅くはないでしょう。

仕事を始める上で、最新の情報や知識を取り入れたりスキルを磨いたりする必要はありますが、アプリ開発を通してさまざまなスキルを身に付ければ、仕事の幅も広がります。活躍できる場所も多いため、自分の努力次第で収入を増やしていけるでしょう。

活躍の場が広がれば、ゆくゆくはプロジェクトマネージャーやITコンサルタントとしてアプリ開発に携われる可能性もあります。将来性が望める仕事のため、副業として始めて徐々に活躍の場を広げ、将来は独立を視野に入れるのも1つの方法です。

長引く不況や働き方改革の影響で、今までは副業NGだったホワイト企業の中でも、副業を解禁するところが出てきています。そのため、副業をする人は今後も増加していくと言えるでしょう。

副業を探す方法も増え、副業向けメディアや副業無料アプリ、副業スマホアプリなどで簡単に探せるため、自称「副業マニア」という人や、副業を2つ3つと掛け持ちしている人もいます。

本記事で紹介したAndroidのアプリ開発は、簡単に稼げる副業ではありません。副業として始めるために、さまざまなスキルや知識の習得が必要で、日々の勉強が欠かせない仕事です。時代の変化にも対応していかなければならないため、決して楽な道とは言えません。

しかし、楽な道ではない分、アプリが完成したときの達成感は大きく、作ったアプリが世の中の役に立ったり人気が出たりすれば、何にも代えがたい喜びにつながります。

簡単に稼ぐことはできませんが、スキルを身に付けられれば将来性があります。Androidアプリ開発は需要がある分野のため、長期的なニーズが見込めるでしょう。

これから副業として始めたとしても、活躍の場はたくさんあります。努力や勉強は必要ですが、Androidアプリ開発を副業として収入を得ていくことは、やりがいのある仕事です。

本記事を参考に、この先長く続けられる副業として、Androidアプリの開発を検討してみてはいかがでしょうか。
初回公開日:2023年01月20日
更新日:2023年01月20日
記載されている内容は2023年01月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カテゴリ一覧

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳
案件申し込み
キャリアのご相談
非公開案件のご案内\まずは60秒/
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら
案件検索