初回公開日:2020年12月15日
更新日:2020年12月23日

フルリモートで働くとは|メリット/デメリットと仕事の探し方も紹介

記載されている内容は2020年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

昨今の社会状況の変化により、「フルリモート」という新しい働き方が注目されています。そこで、本記事では、長い通勤時間や満員電車のストレスなどから解放され、仕事やプライベートを充実させる利便性の高い働き方「フルリモート」について紹介していきます。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

フルリモートで働くとは|働き方について考える

フルリモートで働くとは|メリット/デメリットと仕事の探し方も紹介
これまでの「働き方」は、基本的に企業のオフィスまで行き、業務につくことが当たり前となっていましたが、近年ではその常識が急速に変化しています。

とりわけパソコンでの仕事が主体のエンジニアは、早い段階からリモートワークを取り入れている人が多く、この新しい働き方について先がけ的な業種でした。

社会状況の変化に伴い、一般的になりつつある「フルリモート」という働き方の、今までになかった利便性について考えていきましょう。

リモートワークには2種類ある

リモートワークには、「フルリモートワーク」と「部分的リモートワーク」と2種類のタイプがあります。

業種にもよりますが、それぞれの仕事内容や状況に適したタイプで区別されています。

では、リモートワークで仕事するにあたり、正社員、契約・派遣社員、フリーランスといった雇用形態ではどのような違いがあるのでしょうか。以下でそれぞれの特徴を見ていきましょう。

部分的リモートとは

「部分的リモート」とは、製造や医療、サービス業など、設備の整った環境でしか出来ない業務以外で、通常は在宅勤務をしながら、定期的に出社義務があるという特徴を持つ働き方です。

この場合の出社日は、週1、2日や1ヶ月に1日など、期間はさまざまです。

この部分的リモートという働き方は、重要な案件の打ち合わせや、信頼関係を築くうえで直接顔を合わせて会議を行うなど、対人を必要とする企業の正社員、契約・派遣社員に多く見られます。

フルリモートとは

「フルリモート」とは、会社まで通勤する必要がなく、すべての業務を在宅勤務で行うという働き方です。

そのため、必要な打ち合わせや連絡のやり取りについては、Web会議やチャットなどのITツールを通じての対話を欠かさないといった、情報共有が必要になります。

現在、フルリモートでの仕事の多くは、フリーランスが主流と言われていますが、徐々に正社員でもフルリモートを取り入れる企業が増えています。

フルリモートで働くメリット3つ

フルリモートで働くとは|メリット/デメリットと仕事の探し方も紹介
続いて、フルリモートで働くことで得られるメリットを見ていきましょう。

リモートワークでの新しい働き方が広まっていくと、これまで育児や家庭の事情により、外で働くことが難しかった人たちにも、機会がより増えることが期待されます。

以下に、フルリモートのメリットを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

フルリモートのメリット1:使える時間が増える

フルリモートのメリットの1つ目は、使える時間が増えることです。

これまでのように、オフィスまで移動する必要がありませんので、通勤時間を省くことが出来ます。

仕事に関しても、企業内であればさまざまに起こる雑務がありますが、フルリモートでは自分のペースで効率よく業務を進められます。

また、自分の趣味や家族との時間が増えるケースもあり、充実した時間の使い方が出来ることもフルリモートのメリットです。

フルリモートのメリット2:好きな場所で仕事が出来る

フルリモートのメリットの2つ目は、好きな場所で仕事が出来ることです。

フルリモートの場合、仕事の場所を選ばず、どこにいても業務を進められるという利点があります。自宅内やカフェで仕事することはもちろん、移動中でも海外にいても業務の質を落とさず、目標や成果を上げることが可能です。

ネットワークやITツール、パソコンの環境を整えておくことで、より自由に仕事することが出来るでしょう。

フルリモートのメリット3:無駄な人付き合いがなくなる

フルリモートの3つ目のメリットは、無駄な人付き合いがなくなることです。

企業内において必要とされる、円滑な人間関係を保つためのコミュニケーションも、苦手意識やストレスを感じている人にとっては、苦痛になりかねません。

出社する必要がないフルリモートでの働き方であれば、退社後のお酒を含めた付き合いであったり、苦手な人との雑談に時間を取られたりすることがなくなるため、ストレスから解放されるというメリットがあります。

また、会議や連絡のやり取りなどでコミュニケーションをとる際には、オンラインやツールだからこその心地よいやり取りをすることで、ストレスのない環境をつくることが出来ます。

フルリモートで働くデメリット

フルリモートで働くとは|メリット/デメリットと仕事の探し方も紹介
フルリモートには、「いつどんな場所にいても、便利で仕事がしやすい」など、多くのメリットがありますが、その一方でデメリットになる点もあります。

セキュリティ面では、情報漏洩のリスク対策・防御用ソフト導入が必須です。オフィス内であればネットワークシステムに防御が施されていますが、自宅や外出先では同じ環境という訳にはいきません。

オフィス外でネットワークを繋いだ際に、インターネット側からパソコンへマルウェアなどが侵入した場合、機密情報の漏洩は避けられません。

使用するパソコン、タブレット、スマートフォンは会社所有・個人端末を問わず、仕事の前にセキュリティチェックしておくことをおすすめします。

フルリモートの仕事を探す方法

フルリモートで働くとは|メリット/デメリットと仕事の探し方も紹介
フルリモートの仕事を探す場合には、フリーランスエージェントへ相談するという方法があります。

フリーランスエージェントは、フリーランスで仕事を探す人と、適切な人材を探す企業とを仲介し、結びつける役割をしてくれます。

エージェントに登録すると、WebエンジニアやWebデザイナー、イラストレーターといった職種の求人情報から個人のスキルにあった仕事を探し、契約に至るまでの相談が出来ます。

フルリモート案件は就業場所を選びませんので、自宅が郊外や地方にあるといった場合や、海外在住でも相談可能です。

数多くのエージェントがありますので、未経験でこれからフルリモートの仕事を始めたいという人はもちろん、転職してスキルアップを図りたいという人も、色々なエージェントで話を聞くことをおすすめします。

フルリモートという働き方を前向きに検討してみよう!

フルリモートで働くとは|メリット/デメリットと仕事の探し方も紹介
フルリモートという働き方は、少し前までそれほど一般的なものではありませんでしたが、新型コロナウィルスの影響により、またたく間に社会に浸透していきました。

そして今後、この新しい働き方はますます数を増やし、多様な職種にも広がるものと考えられています。

この機会に、多くの時間を様々な仕事に費やす働き方から、仕事でもプライベートでも充実した時間を作れるフルリモートを、働き方の選択肢として加えてみてはいかがでしょうか。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら