オブジェクト指向の求人案件

オブジェクト指向の仕事としては、JavaやVB.NETAなどのプログラミング言語に代表され、その言語の多くは業務系システムの開発に利用されています。オブジェクト指向の言語で開発をする際には、業務毎に分けられた複数のプログラムから、よく利用される機能単位に分けられたプログラムを実行するといったことを考える必要があります。 まず実行する過程を考えた上で、必要な機能単位に分割した設計を行い、機能ごとに分けられた設計書を基にプログラミングを実施し、プログラムごとに単体テストを行います。その後、他の機能のプログラムとのつながりを確認する結合テストを実施し、最終的には全てのプログラムをつなげて、各機能が問題なく実行されるかを確認するのが「オブジェクト指向」での開発の仕事になります。

オブジェクト指向に関する求人・案件が見つかりませんでした。

オブジェクト指向とは

【オブジェクト指向のフリーランス案件の特徴】

オブジェクト指向のスキルを求められるITフリーランス求人案件の特徴としては、言語を指定されていることが多くなります。JavaやVB.NETのような言語は業務系システムでも利用されることが多く、その言語を使った開発経験を求められます。 その他の言語スキルとしては、開発環境を整える為の費用がそれほどかからないRubyなどのオープンソース系の言語開発経験も求められることが最近では増えてきています。また多くの機能を理解し、オブジェクト指向の考えを持って開発するスキルが求められますので、オブジェクト指向を前提に設計を行ったかどうかの経験も求められます。クラス図、シーケンス図などの作成経験も求人要件を満たす要因となります。

【オブジェクト指向のスキル需要動向・将来性・案件数】

ここ数年、業務系システム開発では、ブジェクト指向の開発が市場の多くを占めていることから、これから数年間はオブジェクト指向での開発経験をもつ方は市場価値が高まると思われます。現在もオブジェクト指向をベースに作成されたシステムは多く稼動していることから、そのシステムのメンテナンスであったり、次のバージョン開発であったりと需要が数年でなくなることはありません。 またそういった業務系システムの開発には多くの人員が必要になるので、案件数もある程度見込まれます。関わった際には、規模の大きいシステム開発が多く、システム寿命も長い案件が多いので、長期に渡り継続参画を求められることも考えられます。こういったことからオブジェクト指向の求人案件に該当する場合は将来性があります。

担当エージェント
  • Kanazawa
    金沢 大輝
  • Tahara after
    田原 貴一
  • Takashi
    鈴木 昂志
  • B eng121
    及川 正幸
  • Image  1
    今中 更
  • Nakata after
    中田 拓也
  • Kawakubo after
    川久保 公成
  • Kitazawa after
    北澤 ゆり
会員登録
詳細を見るには会員登録が必要です
※ログインの方はこちら
氏名
メールアドレス
電話番号
パスワード
パスワード(確認)
※キャリアヒアリングの際、弊社(下記住所)までご足労頂く場合がございます。
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
ログイン
案件への応募をするには ログインが必要です
※会員登録の方はこちら
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
パスワード再設定
※会員登録の方はこちら
メールアドレス
※会員登録時にご登録して頂いたメールアドレスにパスワード再発行手続きのメールをお送りします。
確認メールを送信いたしました。
送信されたメールに記載されたURLよりパスワード再設定手続きを続けて下さい。