最終更新日時:2019年01月23日

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう

最近よく耳にする「ノマドワーカー」についてご存知でしょうか。ノマドワーカーとはインターネット環境が充実したカフェなど、オフィス以外で仕事をする人々のことを指す言葉です。この記事では、ノマドワーカーのやりがいや気になるデメリットについてもご紹介しています。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

ノマドって何?

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
最近メディアなどでよく見聞きする「ノマド」という言葉についてご存知でしょうか。

ノマド(nomad)とは英語で「遊牧民」を意味する言葉で、そこから転じて一か所に滞在することなく働く人を意味する言葉として使われることばもよくあります。

例えば、ノマドに働く人(ワーカー)をくっつけて「ノマドワーカー」という表現も近年よく使われるようになっています。

ノマドワーカーってどんな人?

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
それでは、最近よく耳にするノマドワーカーとはどのような人のことを指すのでしょうか。

ノマドワーカーとは一つの決まった職場に通勤する一般的な労働者とは異なり、オフィスをもたず、パソコンなどを使ってオフィス以外の場所で働く人を意味する言葉です。

例えば、ネットが使える環境ならばどこでも作業ができるフリーランスのライターやデザイナーなどが、ノマドワーカーとして働く代表的な職種として挙げられるでしょう。

ノマドワーカーのやりがい10個

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
以上では、知っているようで意外としらない「ノマド」の意味やノマドワーカーについてご紹介してきました。

働き方改革やワークライフバランスが盛んに叫ばれるようになっている近年では、従来の働き方とは異なり、自由な働き方が実現できるノマドワーカーが注目を集めています。

ここからは、ノマドワーカーならではのやりがいをご紹介していきます。ノマドワーカーに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ノマドワーカーのやりがい1:毎日楽しい

ノマドワーカーならではのやりがいとしてまず挙げられるのが、毎日楽しいということです。

ノマドワーカーは自分の気分次第で毎日働く場所を変えることができるため、同じオフィスに通勤し続ける一般的なスタイルとは全く違って、楽しさを自分で作り出すことが可能です。

毎日会社に出勤することを苦痛に感じていたビジネスパーソンであっても、ノマドワーカーになったことで仕事を楽しめるようになったという人も少なくありません。

ノマドワーカーのやりがい2:生活にメリハリをつけることが大事

生活にメリハリをつけることが大事であるということも、ノマドワーカーならではの特徴の一つとして挙げられるでしょう。

ノマドワーカーはいわば個人事業主であり、導いたり注意・叱責してくれる上司という存在がいないため、仕事をきちんと毎日こなせるように自分で意識して生活にメリハリをつけることが大切です。

つまり、仕事一色ではなくプライベートも充実させながら仕事にもメリハリをつけることができると言えるでしょう。

ノマドワーカーのやりがい3:好きな場所で仕事ができてうれしい

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
ノマドワーカーならではのやりがいの一つとして挙げられるのが、好きな場所で仕事ができるため嬉しいということです。

「遊牧民」を意味するノマドという言葉が使われていることからわかるように、ノマドワーカーは自分の好きな場所を自由に選んで仕事をすることができるため、ストレスを受けることなく居心地のいい空間で快適に仕事をすることができます。

そのため、仕事がはかどりやすいと言えるでしょう。

ノマドワーカーのやりがい4:職場のわずらわしい人間関係に囚われずに働ける

職場のわずらわしい人間関係に囚われずに自由に働くことができるということも、ノマドワーカーならではのやりがいの一つとして挙げられるでしょう。

会社勤めだと狭く閉鎖的なオフィス特有の人間関係に悩まされることも多いですが、ノマドワーカーの場合にはその心配がなく、ストレスフリーに働くことができます。

仕事以外のことで頭を悩ませる必要がなく、仕事に集中することができるでしょう。

ノマドワーカーのやりがい5:職場への通勤時間をカットして有効活用できる

ノマドワーカーの魅力の一つとして、職場への通勤時間をカットしてその分の時間を有効に活用することができるということも挙げられます。

都心のオフィスに勤めていると毎朝早朝に家を出て1時間以上満員電車に乗らなければいけないという人も少なくありませんが、ノマドワーカーならばこのような苦行が必要なく、通勤にかかる時間もストレスもカットしてその分の時間を仕事に使うことができます。

ノマドワーカーのやりがい6:自分のペースで仕事ができる

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
自分のペースで仕事ができるということも、ノマドワーカーならではのやりがいの一つとして挙げられるでしょう。

職場勤めの場合だと自分の仕事が終わっても上司や同僚の目を気にして先に帰ることができなかったり、残業を強要される場合もありますが、ノマドワーカーならば自分のペースで快適に仕事を行うことができます。

そのため効率的に時間を使うことができますし、プライベートの時間も増えるでしょう。

ノマドワーカーのやりがい7:気分に合わせて仕事をする場所を変えられる

ノマドワーカーのやりがいの一つとして挙げられるのが、気分に合わせて仕事場を変えられるということです。

お気に入りのカフェや図書館などのワークスペースをいくつか見つけておき、気分に合わせて仕事をする場所を変えることで気分転換になりますし、それによって仕事上の新たなアイディアを得ることもできるでしょう。

そのため、インスピレーションが必要な仕事にはノマドワーカーは理想的な働き方です。

ノマドワーカーのやりがい8:働いた分だけお金が稼げる

働いたぶんだけお金が稼げるということも、ノマドワーカーのやりがいの一つとして挙げられるでしょう。

ノマドワーカーは自分の裁量で仕事の分量を決めることができ、頑張れば頑張ったぶんだけそれが稼ぐお金に反映されるので、モチベーションアップになりやすいと言えます。

ノマドワーカーのやりがい9:自分らしいスタイルで働ける

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
ノマドワーカーならではのやりがいとして挙げられるのが、自分らしいスタイルで働くことができるということです。

上司や同僚の目を気にして残業をする必要もなく、子どもの体調不良や学校行事などの場合には仕事のスペースや時間をフレキシブルに変更することのできるノマドワーカーは、ワークライフバランスを重視する方にとっては理想的です。

また、スーツを着る必要がなく自分にとってリラックスできる普段着で仕事ができます。

ノマドワーカーのやりがい10:集中力をもって仕事に取り組める

集中力をもって仕事に取り組むことができるということも、ノマドワーカーのやりがいの一つとして挙げられるでしょう。

ノマドワーカーは自分にとって居心地のよい環境を選んで仕事をすることができますし、職場勤めの人と違って気分転換をしやすい状態にあるので、集中力をもって短時間で仕事を終わらせることもできます。

ノマドのデメリットとは?

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
以上では、ノマドワーカーであることのメリットややりがいについて10個ピックアップしてご紹介してきました。

物事には、このようによい面もあれば当然悪い面もあります。ここからは、ノマドワーカーの気になるデメリットについてチェックしていきましょう。

ノマドのデメリット1:社会的な信用を得にくい

ノマドワーカーのデメリットとしてまず挙げられるのが、社会的な信用を得にくいということです。

個人事業主の場合、ノマドワーカーであるということは自分専用のオフィスをもたないということを意味するため、取引相手からは「オフィスをもたない人と仕事をして大丈夫なのか?」と不安視されたり、敬遠されることもありえます。

また、勤め先を記入する必要のある賃貸契約などでは、信用を得にくい場合もあるでしょう。

ノマドのデメリット2:収入が不安定になるおそれ

収入が不安定になる恐れがあるということも、ノマドワーカーのデメリットの一つです。

ノマドワーカーの場合は自分の裁量で働き方や働く時間を決めることができる反面、自分から動かなければ仕事の契約が取れなかったり、あるいは契約を打ち切られてしまう場合もありえます。

そのため、どうしても会社勤めの場合より収入が不安定になるでしょう。

ノマドのデメリット3:場所次第でミュニケーション手段が制限される

場所次第でコミュニケーション手段が制限されるということも、ノマドワーカーのデメリットとして挙げられます。

取引相手とSkypeなどを通じてミーティングや打ち合わせをする必要がある場合でも、静かなカフェや図書館などではそれを行えない場合もありえます。

ノマドワーカーになるもならないもあなた次第

ノマドワーカーのやりがい10個|気になるデメリットも知ろう
今回は最近話題のノマドワーカーについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。ノマドワーカーには自由で自分らしい働き方が実現できるというメリットがある反面、収入が不安定になったり社会的な信用が得にくいというデメリットも存在します。

ノマドワーカーになりたいという場合には、このようなメリット・デメリットの両方をよく理解したうえで選択をしましょう。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録