初回公開日:2020年12月15日
更新日:2020年12月23日

Webデザイナーの平均年収は?スキルアップして年収を上げる方法も解説

記載されている内容は2020年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Webデザイナーとして活躍し、収入を上げていく方法を紹介しています。WebデザイナーとフリーランスWebデザイナーの待遇の違いや、共通するWebデザイナーとしての自分の価値の高め方、アピール方法にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

Webデザイナーとは

Webデザイナーの平均年収は?スキルアップして年収を上げる方法も解説
Webデザイナーとは、クライアントのイメージするWebサイトを、全体の構成を把握した上でレイアウトやデザインを考え、コーディングして全体を構築する職種です。最近では、コーディングなどの一部業務を分業する場合もあります。

Webデザイナーは、クライアントのヒアリングからデザイン、コーディングまで、Webサイトを作るすべての工程に関わります。デザイン力やコーディングスキル以外にも、コミュニケーション能力も必要とされる職種といえるでしょう。

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーの平均年収は?スキルアップして年収を上げる方法も解説
Webデザイナーの平均年収は347万円です。また、生涯年収は1億6272万円になります。

本項では、Webデザイナーの平均年収を、さらに【年齢別】【男女別】に詳しく紹介します。

【年齢別】Webデザイナーの平均年収

年齢別のWebデザイナーの平均年収は、20代は309万円、30代は373万円、40代は412万円となっています。

年齢が上がるにしたがって平均年収も増えていますので、Webデザイナーとして培った経験や知識が、従事した年数によって評価されていると解釈できます。

’【男女別】Webデザイナーの平均年収

男女別のWebデザイナーの平均年収は、男性が391万円、女性が327万円となっています。

女性の方が平均年収が低いのは、男性に比べて女性が、家庭の状況によって退職することが多いことや、パートタイマ―やアルバイトの形態で働くケースが多いためと考えられています。

Webデザイナーが年収を上げる方法は?

Webデザイナーの平均年収は?スキルアップして年収を上げる方法も解説
Webデザイナーが平均年収を上げる方法はあるのでしょうか。

年齢による平均年収の自然増のみを期待するのではなく、積極的・自発的に平均年収を上げる方法を2つ紹介します。

職種の幅を広げる

職種の幅を広げることで、年収アップにつながります。

Webデザイナーとして必須のHTMLやCSS、Photoshopなどの基本的なスキル以外にも、最新のスキルも身につけることで職種の幅が広がります。そのためには、常に最新の流行や商流に目を向けていることが大切です。

また、1ランク上の業務を担えるようになるには、新しい分野に挑戦することも大切です。例えば、JavaScriptができるようになればコーディングも担当できるようになります。

加えて、Webデザイナーはどのようにして効果的にWebサイトを見せるかなどの知識や工夫も必要です。ブランディングなどのスキルやノウハウも磨きましょう。

フリーランスWebデザイナーになる

Webデザイナーとしてのスキルを磨き、ノウハウが蓄積されたのであれば、フリーランスのWebデザイナーになることも年収アップにつながります。

フリーランスのWebデザイナーには特別な資格は不要ですが、顧客との折衝や金額交渉なども自分で行わなければなりません。

フリーランスになる前に、そういった交渉にも慣れておくようにしましょう。フリーランスは自分の努力がそのまま自分の売上げに直結しますので、仕事が軌道に乗れば、収入が上がる可能性があります。

フリーランスWebデザイナーの単価相場は?

Webデザイナーの平均年収は?スキルアップして年収を上げる方法も解説
フリーランスWebデザイナーの月額単価相場は、Webデザイナーとしての経験年数によって異なります。しかし、ほぼ未経験であっても、スキルや取り組み方次第では単価相場以上にもらえるのがフリーランスの魅力でもあります。

週5日常駐する案件の場合、50~75万円の間におさまることが多いです。Midworksに掲載されている案件の相場単価は約59万円でした。(※2020年1月1日-2020年11月30日にMidworksに掲載されている案件から算出。)

単価相場を把握し、提示金額と大きく差があるようならば、適正な価格交渉を行うことをお勧めします。また、エージェントを利用している場合は、エージェントを通して相談すると良いでしょう。

フリーランスが案件を獲得し続けるには

Webデザイナーの平均年収は?スキルアップして年収を上げる方法も解説
フリーランスのWebデザイナーにとって、案件を獲得し続けることは重要なテーマです。特に、本職のフリーランスWebデザイナーになった場合、仕事がないという事態は避けねばなりません。

本項では、フリーランスとして案件を獲得し続けるためにおすすめする2つの方法を紹介します。

ネット上にポートフォリオを公開する

自分の作品やスキルを余すことなくポートフォリオにし、ネット上で公開しましょう。

案件を依頼する企業は、ポートフォリオからあなたの作品や仕事内容を知るだけではなく、経験や人柄も知ることができます。

公開するポートフォリオは、自分の履歴書や職務経歴書と同様の役割がありますので、自分の魅力を最大限に伝えましょう。また、相手の視点からポートフォリオを見直すことも大切です。

フリーランスエージェントの活用

継続して案件を獲得するために、案件獲得の部分を専門家であるエージェントを通すという方法があります。Webデザインの案件に特化したエージェント会社もあります。

エージェント会社の中には、そのエージェント会社の案件を担当する際に社会保障制度が利用できるなど、フリーランスにとって嬉しいサービスを提供している会社もありますので、慎重に各社を比較すると良いでしょう。

フリーランスWebデザイナーになって年収をあげよう!

Webデザイナーの平均年収は?スキルアップして年収を上げる方法も解説
Webデザイナーは比較的フリーランスで働く人が多い職種です。

フリーランスWebデザイナーとして、案件を定期的に受注し、仕事が軌道に乗れば、年収の大橋アップも実現できるようになるでしょう。

フリーランスWebデザイナーになるメリットはそれ以外にもあります。案件の内容によっては場所や時間が自由なことも、フリーランスで仕事をすることの魅力です。

もし、いきなり本業のフリーランスとなるのにためらいがあれば、まずは副業から始めてみるのもおすすめです。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら