最終更新日時:2020年01月08日

フリーランスのPHPエンジニアの現状|案件数・単価相場・スキル

フリーランスでプログラマーをするのであれば、在宅で働きたいという人も多いですよね。自由度も上がりますし、自分のペースで働くことが出来るので、ワークスタイルを調整しやすいというメリットも期待できます。

【PR】フリーランスでも正社員並の保証を




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

PHPのフリーランスの在宅案件はあるのか?

フリーランスのPHPエンジニアの現状|案件数・単価相場・スキル
フリーランスでプログラマーをするのであれば、在宅で働きたいという人も多いですよね。自由度も上がりますし、自分のペースで働くことが出来るので、ワークスタイルを調整しやすいというメリットも期待できます。
しかし、実際のところ、PHPのフリーランサーにとって、在宅案件を見つけることは出来るものなのでしょうか。

在宅案件はあるが、総数が少ない

PHPの開発案件で、在宅案件自体は存在しています。より高いPHPのプログラミングスキルを持っていれば、古楽の案件を受注することも可能でしょう。
ただし一方で、数あるプログラミング案件の中で比較すると、PHPを利用した開発案件で、在宅条件で受注できる仕事自体は、圧倒的に少なくなっています。
これは、PHPを使用する場合、開発ターゲットはWebアプリがほとんどを占めているからです。近年のニーズと、開発言語の理由からこうなっているのですが、ある程度の仕様が決まっていたとしても、確立された仕様が、受注のタイミングで完璧にそろっているパターンが非常に少ないのです。
そのため、開発プロセスとしては、大抵がアジャイルとなってしまうわけです。PMやディレクターが、担当するエンジニアやプログラマーと都度コミュニケーションを取って、作業工程の中で徐々に仕様を固めていく流れが非常に多いのです。
このような案件仕様の性質から、初めてのクライアントとPHPプログラマーが、契約を結ぶというケースが少ないのです。在宅だと、どうしてもやり取りにタイムラグが発生しやすくなるため、同じ職場内で作業するタイプの案件の方が多くなりやすいというわけです。

在宅案件の見つけ方

上記では、PHPのプログラマーやエンジニアの在宅案件は少ないと説明しましたが、その中でも在宅案件を見つける方法はいくつかあります。こちらでは、在宅案件を効率よく見つける方法を紹介します。

信頼関係のあるところへ打診

どのような職種でもそうですが、企業は初めて取引をするフリーランサーに対して慎重になります。それは、信頼関係が築かれていないことから、目の届かない在宅で案件を任せることに懸念を抱いているためです。

そこで在宅案件を探す際には、以前にも取引を行ったことがある企業に打診をしてみるのが得策です。

たとえば、以前に常駐で仕事をしていた企業であれば、仕事ぶりや人間性について理解を得ているはずです。またフリーランサー自身も、取引経験がある企業からの案件なら安心して受けることができるでしょう。

そして企業側としては、フリーランサーと信頼関係が築かれていれば、在宅で仕事をしてもらう方がコストの削減になるため、歓迎していることが多いのです。

在宅のありそうな案件に目星を付ける

PHPのフリーランスが在宅で仕事を行える案件には、いくつかのジャンルがあります。たとえば、スタートアップ企業ではこれから新しい事業を立ち上げることから、これまでにない業務形態も受け入れるケースが多いです。」」また、スタートアップ企業では即戦力を求めているため、PHPプログラミングの高い能力があれば、在宅でも歓迎されるかもしれません。

次に、スマートフォンゲームの開発企業の案件も在宅で受けられる可能性があります。スマートフォンゲームの開発には多額の予算がつぎ込まれることから、プロジェクトも大規模となり外注のフリーランスを求めているケースも多く見られます。ゲーム開発の経験があれば、営業してみるのもいいでしょう。

その他、在宅案件が期待できるのはデータ解析などもあげられます。システム開発で得たデータを生かし、新たなプロジェクトにつなげていく動きが活発になっているのです。

小規模なWeb開発案件が狙い目

比較的小規模な企業で、社内でPHPプログラマーを用意できないときは、フリーランスの出番です。特に、Web開発やホームページ運用においてはPHPプログラマーやエンジニアを外注する小規模企業が意外と多くあります。

企業側としては、安い価格でPHP案件を任せることができますし、フリーランサーにとっては在宅で自由に働けるメリットを享受できるわけです。

また、WordPressを使用した案件であれば、在宅でPHP開発を行いやすいでしょう。さらに、基本的には常駐でも在宅勤務を容認してもらえたり、しばらく常駐で仕事を任された後に在宅勤務に移行したりといったパターンもあります。

そしてPHP自体の経験がなくてもWeb開発経験があれば在宅案件を任せる企業も見られます。もし企業に営業活動を行う場合、PHPの経験があればアピールすると有効ですし、PHP経験がなくても過去の実績をアピールすれば、在宅案件を取れる可能性はあります。

いずれにせよ、小規模企業のWeb開発案件であればフリーランスのPHPプログラマーやエンジニアを求めていることが多いため狙い目です。

【PR】エージェントを上手く利用する

また、フリーランサーと外注を求める企業とのマッチングを行うエージェントも大いに活用してみましょう。このようなエージェントは近年増えてきており、フリーランスの需要と供給がそれぞれ増加傾向にあることを示しています。

エージェントに登録すれば、自分の条件に合った案件を紹介してもらえるため、自ら案件を探す手間が省けます。また、IT業界に精通したエージェントなら業界の動向や求められる人材、技術といった情報も得られる可能性があります。

業界の実情を把握できないまま自分で営業活動を行うより、エージェントの担当者と打ち合わせをして戦略を考えるのもよい方法です。

「Midworks」では在宅フリーランスのPHP案件がいくつかあります。下記リンクから探してみてください。

PHPの常駐案件があるのか?

前述のように、PHPのプログラマーやエンジニアの在宅案件はあまり多いとは言えません。では、フリーランスが常駐で参画できる案件はどれくらいあるのでしょうか。以下では、PHPの常駐案件について紹介します。

PHPは常駐案件の方が多い傾向

近年、PHPを使用する際の開発プロセスがアジャイルであることなどから、タイムラグが生じやすい在宅案件は敬遠されつつあることは、前述のとおりです。そのため、他のプログラミング言語に比べてPHPのプログラマーやエンジニアの募集は、常駐案件の方が多くなっているのです。

企業側としては、社内で打ち合わせを重ねながら仕様を作り上げていくスピード感を求めているため、フリーランスを受け入れるにしても常駐の方が歓迎されるわけです。とはいえ、PHPプログラマーやエンジニア自体の需要は高く、大企業でも常駐フリーランサーを求めていることが少なくありません。

これは、古くから使用されているPHPで作られたWebシステムなどを改修する際、PHPを使用できる人材が必要となるためです。このとき、既存のWebシステムなどについて、社内で細かな打ち合わせやすり合わせを行える常駐スタッフの方が、業務をスムーズに進めやすいでしょう。

その他、前述でも少し触れたように最初は常駐として案件を請け負い、案件に慣れてきたら在宅でも作業を認める企業も増えています。

PHPの求人の種類

では、常駐でフリーランスのPHPプログラマーやエンジニアを募集している求人には、どのようなものがあるでしょうか。特にPHPを必要とする案件がいくつか存在し、それらの求人であればフリーランサーが案件を獲得できる可能性が高いです。

大規模Webシステムの開発

前述のように、大企業が開発する比較的規模の大きなWebシステムにPHPが使用されている場合、改修のためにPHPが使える人材を募集しているケースは多く見られます。

そして既存システムの改修だけではなく、新たに大規模なWebシステムを開発する場合にも、PHPプログラマーやエンジニアを求められているのです。

この場合、データ収集や分析などにPHPを用いてシステムを構築するほか、法人向けクラウドサービスや、WebアプリやECサイトのサーバサイドにPHPがよく使用されます。このような大規模Webシステム開発ではPHPが大きな役割を果たしており、今でもPHPの需要は一定数あるといえます。

大規模Webシステム開発を行う大手企業なら、PHP常駐案件を取りやすいかもしれません。

スマートフォンゲームの開発

これも前述したように、スマートフォンゲームを開発している企業でも、PHPの需要は高くなっています。常駐のフリーランスプログラマーやエンジニアを求めるのは、主に大規模なゲーム開発を行っている企業です。

スマートフォンゲームの市場は広がりを見せており、プロジェクトも大規模となっています。そのため、常駐でPHPプログラマーやエンジニアを迎え入れ、メンバーの一員として技術を求めるのです。

また、大規模なスマートフォンゲームのシステムは特にPHPが支えている部分も多く、より技術者のニーズは高まっているわけです。このような理由から、大企業が手掛けるスマートフォンゲームにフリーランスのPHP技術者の求人は比較的多い傾向にあります。

Webサイトの開発

今や企業の大小にかかわらず、Webサイトを持っていることが当たり前になっています。とはいえ、中小企業では自社にプログラマーやエンジニアを置いておらず、Webサイト開発を行うにはフリーランスのプログラマーやエンジニアが求められます。

また、先にも触れたようにWordPressを使用したPHP案件もよく見られるものです。WordPressは、PHPを用いたCMSの代表格であり、中小企業でのWebサイト開発ではWordPressでWebサイトを作る例も多くあります。

このように扱いが容易なCMSでWebサイトを開発する場合、プログラマーやエンジニアの業務も簡素化されることから、常駐といっても週に3日程度の出勤でOKという企業も存在します。さらに運用も任されることになれば、継続的に案件を受けることが可能になるでしょう。

受注案件のメリットやデメリット

企業に常駐して仕事をする際には、メリットとデメリットが存在します。

まずメリットは、現場の雰囲気を肌で感じられることです。実際にシステムを制作している現場のスピード感や企業ごとの特色を感じることができ次の仕事に生かせるでしょう。

また、さまざまな現場で仕事をすることで業界内でのつながりが増え、フリーランスとして今後活動するときの足掛かりになります。その他、現場はよりユーザーと近い距離にいるため、実際にシステムを利用する人の声を身近に聞いて、システム開発に生かすこともできます。

一方、上記のようにさまざまな現場を体験できるのはメリットですが、逆にこれをデメリットと感じる人もいるでしょう。せっかく慣れた現場でも、案件が終了すればそこを離れなければならず、また別の勤務地で1からのスタートとなってしまいます。

同時に、現場の人間関係やコミュニケーションもその都度築き直さなければならず、煩雑かもしれません。その他、常駐案件では経験が少なくても採用されることがありますが、現場に行くと仕事についていくのが難しいといったケースも見られます。

常駐案件の見つけ方

PHPプログラマーやエンジニアが常駐案件を見つけるには、やはりエージェントに登録して案件を紹介してもらうのが一番の近道です。自ら企業に営業活動を行ってもいいですが、企業側に受け入れ体制がない、またPHPを使用する案件がない場合は、営業も無駄足になる可能性が高いです。

PHP案件は、常駐案件の方が多い傾向にあることはこれまで説明したとおりであり、エージェントでも常駐案件を多く抱えています。そのため、数多の案件からフリーランサー自身が案件を選ぶことも可能になるでしょう。

また、エージェントに登録することの強みは、自分が提示する条件を担当者と打ち合わせし、それに合う案件を紹介してもらえることです。さらに、条件交渉に関してもエージェントの担当者を通して進められます。

自分自身での営業では合わない条件を押し切られてしまうこともありますが、エージェントに交渉してもらうことでそのような齟齬もなくなるわけです。

「Midworks」では、PHPの常駐案件を多数紹介していますので、下記リンクを参考にしてください。

PHPのフリーランスは今後も需要が上がっていくのか?

汎用性が高いため、活躍シーンが大きい

PHPは、ごく簡単なWebサイトのプログラムから、より高度なWebシステムのプログラムまで、幅広いシーンで活用されています。そのため、非常に汎用性が高く、活躍シーンも多いため、PHPを自在に操ることが出来るプログラマーやエンジニアは、今後の需要も一定の水準を保ちやすいと言えるでしょう。

PHPは初心者でも習得しやすい言語

PHPを利用したサービスは非常に豊富であり、ネットワークに取り入れられているシーンもとても多いです。そのため、PHPはサンプルコードも非常に豊富で、今後も活躍パターンがどんどん増加していくと言われています。主要なCMCでもPHPを採用しているため、多様なカスタマイズにおける需要にも、より柔軟に対応できるという強みがあります。
長く多くのシーンで使われてきたことから、一定の開発実績があり、読み込みや書き出しにおける関数も用意されていることから、取扱いにおいて高い信頼を勝ち取っているとも言えます。
その上、C言語やJavaなど、その他のWebプログラミングに使われている言語たちと比較すると、PHPは文法がやや優しく、初心者でも取得しやすいという特徴があります。そのため、専任のWebプログラマーを育成したい組織にとって、非常に有用に働く可能性が高いのです。
こういった背景から、プログラマーも多く、利用シーンも豊富で、今後ニーズは更に高まっていくと言えるのです。

PHPの案件の単価相場

前述してきたように、PHPはWebプログラミングの分野においては、特に高いニーズを誇っている開発言語です。しかし、エンジニアやプログラマーにもレベルがあり、実務経験やスキルには差があります。
そのため、担当する案件や常駐先によって、報酬の金額にも開きがあります。ここでは、実務経験の年数における、PHPの単価の平均相場をチェックしてみましょう。年数はあくまで平均で目安ですが、フリーランスで働く場合、重要な指針になることも珍しくありません。

実務未経験の場合の単価相場

プログラミングスクールに通い、PHPの基礎を学習して状態は、実務未経験と言われます。週五日常駐勤務をすると考えると、大体月額20万円から25万円程度が平均収入で、それより低くなってしまう可能性もあります。

実務経験半年の場合の単価相場

週五日常駐勤務で、平均25万円から30万円程度です。常駐先によっては、これより安くなってしまう場合もあります。

実務経験1年の場合の単価相場

実務経験一年で、およそトータル的な業務をこなせるようになり、大体週五日常駐勤務で、30万円前後の月収が平均です。高いスキルや、難易度の高い案件を担当していると、40万円程度の月収になることもあります。逆に、20万円代の場合も、一年であればあまり珍しくはありません。

実務経験2年の場合の単価相場

実務経験二年で、週五日常駐勤務をすることで、平均月収はおよそ40万円から50万円程度となっています。スキル次第で、フリーランス契約時の収入は前後します。

実務経験3年以上の場合の単価相場

実務経験三年以上で、週五日常駐勤務をすると、大体月収の平均金額は、50万円から60万円程度となります。スキルによっては、更に高い単価で契約をするプログラマーもいますし、常駐先によっては、担当する案件の難易度や、PHPのスキルはもちろん、各種リーダー職手当をもらって、平均より更に高い金額を稼ぐプログラマーやエンジニアもいます。

実務経験5年以上の場合の単価相場

実務経験が五年以上になると、PHPプログラムにおいてかなり高いスキルを持っている人が多くなりやすいです。スキルや実績によって異なって来ますが、平均月収は60万円以上になります。中には、年収が1000万円を超えるような働きぶりを実現しているプログラマーやエンジニアも少なくありません。

週2~3日の常駐勤務をする人もいる

PHPプログラマーやエンジニアには、前述したような週五日常駐勤務より、少ないスタイルで働いている人もいます。フリーランスとして働いていることで、勤務日数をより自由に調整しやすくなるのは、ワークスタイルを選択する上での大きなメリットのひとつです。
在宅案件と両立して働くエンジニアもいますし、別の常駐先を持っているパターンもあります。週末だけ家業をしたり、育児や家事と両立するために、週五日より少ない勤務日数で調整をしているパターンもあるでしょう。
常駐であっても、出勤の日数が少ないほど、基本的に給与自体は少なくなってしまいます。しかし、スキルや実績によっては、週五日勤務と同程度の収入を目指すことも、決して難しくはありません。キャリアプランはもちろん、ワークライフプランを考え、勤務日数を調整するときには、年収とのバランスも考えられるようにしてみましょう。

PHPプログラマーの平均年収相場

2014年のデータによると、PHPプログラマーやエンジニアの平均年収は、およそ341.8万円となっています。翌年の2015年になると、やや高くなって、平均で361.6万円となります。
これはJAVAやCなどをはじめとした、その他のWeb系のプログラミング言語と比較すると、大体中間水準くらいの年収金額だと言えるでしょう。

PHPでよく使われるフレームワーク

PHPには、非常に豊富なフレームワークが存在しています。しかし、フレームワークによって、使用されるシーンにはムラが多い傾向にあります。
PHPのプログラマーやエンジニアが多く使っているフレームワークには、どのようなものがあるのでしょうか。頻出のものをチェックしておくだけで、業務効率をぐっとアップさせることが出来るかもしれません。

Laravel

Laravelは、PHPのフレームワークの中でも、特に知名度が高いもののひとつです。ある程度のところまで、内容をセルフ生成してくれるという強みがあるため、データベースを構造したり、whille文をゼロから考えたりする手間を、大幅に削減することが出来るのです。そのため、プログラマーやエンジニアの時間もかなり短縮できるという魅力があるのです。初心者にとっても、複雑なポイントをうまく回避することが出来るため、とても分かりやすいというメリットが期待できるのです。
簡単なWebアプリのセルフ作成も可能で、数行だけコードを出すことで、ToDoアプリを作ることもできます。ただし、このLaravelの自動機能は、しばしばチューニングのしにくさにも繋がると言われているため、ある程度のアレンジスキルが求められるシーンも少なくありません。

CakePHP

日本人コミュニティが、非常に大きいことで知られているPHPフレームワークが、この「CakePHP」です。前述した「Laravel」と比較すると、動作スピードも速く、スピーディーでストレスのない作業を実行できるというメリットがあります。歴史あるフレームワークでもあり、「ケーキを焼くみたいに簡単に使えるフレームワーク」として、高い人気を誇り続けて来ました。
ただしこの「CakePHP」は、利用者がやや減少傾向にあると言われています。数あるPHPフレームの中でも、ユーザーの現象はそのままニーズの現象に繋がってしまう可能性もあるでしょう。

Symfony

根強いユーザーがいる「Symfony」も、非常に長い歴史のあるPHPフレームワークです。前述した「CakePHP」のように、長らくたくさんの人が利用してきましたが、前者が比較的軽いWebアプリ向けのフレームワークであるのに対して、「Symfony」はより規模の大きなアプリにも対応していると言えます。自動機能も充実しているため、単純作業に割く手間を大幅に削減できるでしょう。

ZendFramework

まだまだ歴史は浅いフレームワークですが、技術パートナーとして世界的大手企業が名を連ねています。グーグルやマイクロソフトなど、IT技術の最先端で活用されています。
非常に高い拡張性がポイントで、ライブラリーを簡単に利用できるのもメリットです。更に、この「ZendFramework」は非常にシンプルなフレームワークであるため、初めてでもとても使いやすいとも言われています。

Yii

こちらの「Yii」も、より規模の大きなWebアプリに向いているPHPフレームワークです。スピーディーなアプリ開発に向いています。フレームワーク自体がとても軽くなっており、キャッシュ機能も搭載されていることから、アクセス負荷がネックになっているサービスであっても、とても使いやすいという魅力もあります。CMS開発などにおいては、かなりの活躍を見せてくれるでしょう。

FuelPHP

一時期は爆発的な人気を誇っており、現在でも世界中にたくさんの支持者がいるPHPフレームワークが「FuelPHP」です。スピーディーかつ軽量化されたフレームワークとなっており、ファイル管理もとてもシンプルにこなすことが出来ます。設定を重視したいプログラマーやエンジニアに向いています。スキルが高く、PHPプログラマーとしてベテランに達している人ほど、この「FuelPHP」を大きく評価している傾向にあります。

BEAR.Sunday

日本人が開発したPHPフレームワークで、シンプルかつ使い勝手の良い仕様が人気になっている「BEAR.Sunday」。リソース指向で作られており、依存症を注入するのにも適しています。アスペクト指向のプログラミングにも非常に使いやすいでしょう。

Phalcon

「最速」という売り込みで、スピード性を全面に押し出した売り出し方をされているPHPフレームワークです。実効スピードの面において、その他のフレームワークを圧倒しています。構造自体はかなりシンプルなので、プログラマーやエンジニアが自分で書きこまなくてはいけないポイントも多いため、熟練のプログラマーが、よりスピードだけを重視したい場合にチェックすると良いでしょう。
更にこの「Phalcon」は、かなりの軽量化が図られているため、メモリーの消費量もとても少なくて済むというメリットがあります。フォーラムも丁寧で使いやすいため、近年のPHPプログラマーからは、とても厚い評価を集めていると言えるでしょう。

Kohana

「CodeIgniter」から派生したPHPフレームワークです。日本における知名度はあまり高く無いため、日本語ドキュメントがないのがデメリットかもしれません。
しかし、英語ドキュメントが十分存在しているため、外国語に対応出来れば問題なく使いこなすことが出来ます。ライブラリもシンプルで使いやすいという特徴が支持されています。

Ice Framework

C拡張モジュールとして開発されたPHPフレームワークです。C言語を学ぶことなく、類似したプログラミングを実現できるというメリットがあります。
仕様は非常にシンプルですが、かなりスピーディーな動作を実現しています。まだまだ知名度は高くありませんが、現在登場しているPHPフレームワークの中では、高速面においてかなりの期待が寄せられていると言えるでしょう。

「MidWorks」を利用してフリーランスとして働こう

社会保障がついた独立支援サービス

PHPプログラマーをはじめとして、エンジニアやプログラマーなどの独立支援サービスである「Midworks」。この「Midworks」が、その他の独立支援システムと大きく異なっているところは、フリーランスを目指すサービスでありながら、各種社会保障がついており、より安定した働き方を実現しやすくなってという点にあります。
フリーランスで働くことには、自由をはじめとした様々なメリットが期待できますが、一方で不安定さというデメリットは大きいです。収入や保障の面において不安が大きいため、スキルや実績が伴っていても、なかなか独立できないと感じている人は少なくありません。
「Midworks」は、年金や賃金支払い継続、各種保障などをはじめとして、会社員として働いていた場合と同じようなセーフティネットをばっちりキープできるというメリットがあります。その上で、収入自体は、平均して40パーセント以上もアップさせることが出来るという、魅力が豊富な独立支援サービスなのです。

ひとりひとりに適したオーダーメイドプランを実現

「Midworks」専任のキャリアアドバイザーが、プロフェッショナルな視点から、あなたにしっかりアドバイスをします。キャリアプランはもちろん、ライフプランと両立したワークスタイルを実現するために、あなただけのオーダーメイドプランを作り上げることが出来ます。
リスクを出来るだけ少なくして働くこともできます。稼働単価はすべてオープンにされています。案件ごとの手数料もとても低いため、折角働いた分を、仲介企業にたくさん持っていかれてしまうと悩んでいる人のトラブルも解消することが可能です。

勉強支援や会計支援もある

無事に「Midworks」で独立を成功させたあとは、フリーランスならではの会計トラブルもばっちりサポートしてくれます。クラウドシステムを無料で提供してもらうことが出来るので、会計面も安心して進めることが出来ます。
また、書籍費用や勉強費用などのサポートも充実しています。フリーランスとして現在のスキルを活かすのはもちろん、更にスキルや知識を身につけたい人の勉強を、「Midworks」は手厚くサポートしてくれるのです。

フリーランスのPHPエンジニアとして活躍するために

いかがでしたか?PHPのスキルは、既に高いニーズを獲得していると共に、Webアプリの必要性が高まっていく上で、更に重宝されるようになっていくでしょう。そのため、PHPプログラマーやエンジニアは、より高いスキルを身に着けることで、理想の働き方に近づきやすくなるといえるのです。
一口にフリーランスと言っても、在宅案件から常駐案件まで、働き方は色々あります。メリットやデメリットをよく考えた上で、あなたのキャリアビジョンを実現するためには、どのようなポイントを意識すれば良いのか、慎重に検討し、進路を決定していくようにしましょう。

【PR】フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら