最終更新日時:2019年09月28日

SEの業種別平均年収紹介!SEに求められるスキル3つ

SEは年収が高いことで有名な職業でもあります。しかし、SEは誰でもなれるわけではなく、スキルや技術が必要になります。ここでは、SEの年収について詳しく紹介しているため、SEで稼ぎたいと考えている人は参考にすることをおすすめします。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

SEとは

SEという職業が何なのか知らない人も多くいるのではないでしょうか。SEという略語では分からない人でも、システムエンジニアと聞けばどのような職業なのか理解することができる場合が多いです。SEとはシステムエンジニアの略であり、さまざまな場面で使われる単語でもあります。

SEという職業に就職するためには専門の知識が必要になるため、誰でもなれる職業ではなく、世間では憧れの職業の一つでもあります。

SEに向いている人

SEという職業に向いている人は、機械に強い人です。SEは機械を専門に扱う職種でもあるため、どのようなシステムで起動しているのかを理解したり、興味のある人におすすめの職業でもあります。

そのため、機械音痴の人ではSEになることは難しいです。また、一つのことに集中できる精神の強さや、一人で黙々と作業ができる人もSEという職業に向いています。

SEの年収が高い理由

SEという職業の人気が高い理由は、年収が高いからです。SEの年収が高い理由はさまざまありますが、一つは技術職であり専門職でもあるため自然と年収が高くなります。

また、最近ではIT事業が進化して、現代の生活には欠かせない要素の一つでもあることから、SEの仕事量は増えています。しかし、SEになれば誰でも稼ぐことができるのではなく、個人差があるため、仕事ができないと稼ぐこともできません。

SEの業種別平均年収紹介!

SEの業種によっても年収に違いが表れます。そのため、SEになれても業種の違いから思ったような年収をもらうことができない場合もあります。SEになって稼ぎたいと考えている人は、業種別の年収を把握し、年収が多い業種のSEになることをおすすめします。

次に、SEの業種別の平均年収を紹介するので参考にしてください。あくまでも平均年収であるため、優秀なスキルを所持している場合は高くなる場合が多いです。

SEの業種1:金融・保険系

SEにはさまざまな業種が存在しますが、金融・保険系のSEの平均年収が最も高いです。金融・保険系のSEの平均年収は約750万円前後です。SEの中でも最も稼ぐこととができる業種でもあるため、人気が高いです。

しかし、それだけ責任が重くかかってくるため、SEなら誰でも適しているわけではありません。金融・保険系のSEは少しのミスで会社全体の信頼を失ってしまう場合もあるため、正確さが求められます。

SEの業種2:外資系

外資系のSEの場合は上記で紹介した金融・保険の業種よりも平均年収が高くなる場合もありますが、安定しない業種でもあります。外資系の平均年収は650~800万円前後です。

外資系のSEは成果報酬の制度を行っている場合が多く、仕事ができればその分年収が上がりますが、成果が出なかった場合は年収も下がります。年収が下がった場合は翌年にクビになる危険性もあるため注意する必要があります。

SEの業種3:コンサルティングファーム

SEとコンサルティングファームの仕事内容は、似ている場合もありますが、厳密に説明すると異なります。

SEは依頼主から指示されたシステムなどを開発することが主な仕事内容ですが、コンサルティングファームは依頼主と相談しながら開発を行うため、より高いスキルが求められる場合が多いです。

コンサルティングファームの平均年収は1000万を超えていますが、年収が公開されていない場合もあります。

SEの業種4:総合電気メーカー

SEの総合電気メーカーの平均年収は660万円前後です。SEの業種の中では平均年収は低いですが、最近需要が増えている傾向があるり、今後急騰する可能性が高いです。そのため、SEに転職しようと考えている人は総合電気メーカーのSEが狙い目です。

総合電気メーカーのSEの需要が急騰している理由は、IT社会になりつつあることが大きく影響しています。ITと電気機器は切っても切れない関係でもあります。

SEの業種5:専門コンサル系

専門コンサルティング系のSEの平均年収も高く、1000万を超えている場合もあります。求人情報で紹介されている年収も700万円と高額なため、人気がある職業でもあります。しかし、相応のスキルが必要になるため、SEになり始めた人では成果を出すことができない場合もあります。

専門コンサル系の仕事内容は、既に用意されているシステムを依頼主の要望や経営方針などを参考にして、カスタマイズすることです。

SEの業種6:医薬品・化粧品メーカー

医薬品や化粧品メーカーのSEの平均年収は500万円前後とSEの業種の中では低い傾向があります。その代わり、働き方によっては残業を少なくすることができ、定時に帰ることも可能です。

しかし、医薬品などは命に関わる場合もあり、メンタルの強さや体力が求められる職業でもあります。また、病院のSEの場合はちょっとした機械トラブルでも対処をさせられる場合もあり、人によってはやりがいを感じない場合もあります。

SEにおすすめの資格

SEになるためにはさまざまなスキルを身に付ける必要があり、多くの資格を所持している方が就職や転職する際に優位に立つことができます。しかし、どのようなスキルでも優位になるわけではなくSEの仕事内容に関係する資格を取得する必要があります。

次に紹介するSEにおすすめの資格の中には、必須資格も含まれているため、その資格を取得していないとSEになることが困難になります。

SEにおすすめの資格1:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、SEになるためには必須の資格でもあります。そのため、基本情報技術者の資格がない場合はSEの職業に就くことが困難で、書類審査で落とされる可能性が非常に高いです。

基本情報技術者の試験の難易度はそこまで高いわけではなく、独学で勉強しても受かる可能性があります。合格率は2割前後で、情報系の勉強を行っていれば合格する確率が高いです。

SEにおすすめの資格2:ITコーディネータ

ITコーディネータの資格は最近作られた資格であるため、どのような資格か知らない人も多くいます。ITコーディネータ資格内容は、ITの技術者としての知識と企業を経営する知識の両方を所有していることです。

そのため、どちらの状況の立場でも対応することができるため、SEに求められている資格でもあります。また、SEを独立して行う際には必須の資格でもあるため、将来独立する予定の人におすすめの資格でもあります。

SEにおすすめの資格3:MCP

MCPの資格はマイクロソフト認定者の資格の略であり、習得している人はマイクロソフトのシステムを網羅しています。SEの仕事で使用するパソコンはマイクロソフトを使用している場合も多く、MCPを所持しているだけでも有利になります。

しかし、就職の際に即戦力になることはありませんが、学習の意欲の高さを伝えることができます。

SEに求められるスキル3つ

SEに必要な資格は上記で紹介しましたが、資格とは別に求められるスキルがあります。資格があればSEの仕事を無難にこなすことができますが、スキルがないとトラブルが発生しやすくなります。

次に、求められるスキル3つを紹介しているので、より快適に仕事をしたい人は参考にしてください。

スキル1:論理的思考能力

SEには論理的思考能力が必要になります。SEの仕事は依頼主の要望通りにシステムを開発するだけでなく、よりよいSEになるためには、より依頼主にとってよいシステムを開発する必要があります。

スキル2:システムに関する幅広い知識

システムに関する幅広い知識が、SEには必要なスキルです。資格を所持していれば身についている場合もありますが、より幅広い知識を身に付けておくことでどのような状況でも対応することができます。

資格だけでは対応できる状況も限られているため、SEを続けるとともに新しい知識も身につけるように心がけましょう。

スキル3:コミュニケーション能力

SEはパソコンの前に座って作業をしていればよいと考えている人もいるのではないでしょうか。そのため、内気な人におすすめの職業と思われている場合もありますが、ある程度のコミュニケーション能力が求められます。

依頼主としっかり話し合う必要があるため、コミュニケーション能力が乏しいと上手く意思疎通することができず、トラブルの原因にもなります。

SEの年収について知ろう!

SEになる際に平均年収を気にする人も多くいるのではないでしょうか。SEは高年収で有名な職業でもあるため、収入の高さでSEになることを望んでいる人は、それぞれのSEの年収を知ることをおすすめします。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒 でできる
無料会員登録