初回公開日:2021年02月09日
更新日:2021年02月16日

プログラミングでフリーランス生活を始めよう!求められるスキルと単価を紹介

記載されている内容は2021年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

フリーランスプログラマーは、時間・場所・休日など生活スタイルに合わせて働くことができます。また、働けばその分だけの収入が得られます。しかし、案件獲得や依頼の継続などをするため営業力も必要です。そして、常にスキルアップや知識が必要でそれが高収入にもつながります。

フリーランスプログラマーの魅力3つ

プログラミングでフリーランス生活を始めよう!求められるスキルと単価を紹介
フリーランスプログラマーの魅力は、プログラミングしたソースコードが大事な成果物であり、顧客との信頼関係が築くことができれば、場所や時間に関係なく働くことができます。

ここでは、フリーランスプログラマーの3つ魅力について述べていきます。

魅力1:短時間かつ高単価の案件で年収を上げられる

フリーランスプログラマーの魅力1つ目は、高単価の案件で年収を上げられることです。

企業勤めの場合は、勤続年数で昇給します。しかし、フリーランスの場合は、仕事をすればするほど報酬がもらえます。

高収入を求める場合は、企業へ出向き常駐のフリーランスプログラマーとして、短期で高収入の案件をたくさんする方法もあります。

魅力2:時間と場所に縛られず自由に働ける

フリーランスプログラマーの魅力2つ目は、時間と場所に縛られず、自由に働けることです。

フリーランスプログラマーは、仕事をする時間と場所を自分で決めることができることができます。週に何日働き、休みはどれくらいにするのか、1日にどれくらい働くのかなど、プライベートと仕事のバランスを自分で決められることが魅力です。

魅力3:最近では在宅案件も増えてきている

フリーランスプログラマーの3つ目は、在宅案件も増えてきていることです。

在宅プログラマーは、仕事場は在宅ですが、在宅でなくてもノートパソコン1台あれば、喫茶店や旅行先などどこでも作業はできます。プログラミングはインターネットに接続しなくても作業できるため、ネット環境がない場所でも仕事ができます。

案件の探し方は、在宅プログラマーと企業との橋渡しをしているマッチングサイトが沢山あり、このマッチングサイトに登録して企業側が公開する募集を探して応募します。

また、既存の顧客から案件を依頼される方法もありますが、この場合は信頼と実績を持つことが必要になります。

フリーランスの不安といえば案件の継続受注|案件数の多いおすすめ言語を紹介!

プログラミングでフリーランス生活を始めよう!求められるスキルと単価を紹介
フリーランスプログラマーの不安材料は、案件がなくなったり、継続的に受注できないことです。

案件継続をするためには「職務経歴書やスキルシートを充実させる」「クラウドソーシングを活用する」「案件紹介サイトに登録する」「スキルを磨く」などがあります。

ここでは、案件数の多いおすすめの言語を紹介していきます。

JavaScript

JavaScriptとは、Webサイトを表示するプラウザ上で動くプログラムのことです。

JavaScriptがなければ、文章や写真を読むだけで、他の操作はできません。しかし、JavaScriptを動かすことで文章や写真の画像を拡大したり、変更したりできます。また、入力フォームを設置して、メッセージを送ることもできます。

JavaScriptは、Web系のフロント開発において世界基準のポジションであり、JavaScriptを使ったWebサイトやWebサービスは人気がある仕事なので、今後も需要が続いていくでしょう。

Java

Javaは、OSに依存していないため、どんな環境でも動かすことができるソフトです。

例えば、Webアプリケーションのサーバーサイドプログラムを組んだり、金融システムの難しい要件にも対応できます。また、有名なゲームなどにもJavaが使用されています。

Javaは、多くの企業や大規模な開発でも使用されているので、信頼度が高く将来性のある言語です。スマホが普及され、Androidの開発の需要が高まっているなど、Javaは、安定した需要が将来的にも高まっていくでしょう。

PHP

PHPは、Facebook、Yahoo、Wikipediaなど小規模から大規模なシステムまで行われています。PHPを学ぶことで、SNS、ブログ、ECサイトなどのアプリ開発ができます。

PHPの将来性は、Webサイトのサーバーサイドで約80%が使用され、インターネット上から情報も入りやすくなっています。また、PHPは、求人が多い傾向があります。

プログラミング言語別年収ランキング

プログラミングでフリーランス生活を始めよう!求められるスキルと単価を紹介
プログラミング言語別年収を知ることは、エンジニアで働きたいと思ったり、転職やプログラミングフリーランスを考えている人にとっては、役にたつ指標になります。

プログラミング言語別年収ランキングは、転職サイト大手「ビズリーチ」が発表した国内の求人を対象に、プログラミング言語別に企業が提示する年収を集計し、公表したものです。

ここでは、上位3位のプログラミング言語について詳しくのべていきます。

1位:Go

GOとは、Googleがリリースしたプログラムです。

GOを使ってできることはnetやhttpを使って、Webサーバーが簡単に構築できることです。広告収入で有名なようYouTubeのWebアプリケーションにも使われ、汎用性が高いです。

また、AndroidやiOSのアプリケーションにも対応し、GOmobailを使うと簡単に開発できます。

GOの将来性は、初心者にも優しい言語で、金融系のアプリにも利用され、スピード性も良いです。Googleが打ち切りにしない限り、需要性は高まっていきます。

2位:Scala

Scalaは、Javaの後継となりうるプログラミング言語で、TwitterやChatWork、国内大手企業が手掛けるクラウドサービスにも採用されています。

Scalaは、Javaでできることはすべてカバーできます。これはWindowsやMacなどJavaが使える全ての環境で対応できます。また、Webサービスやクラウドサービスに加えて、サーバーサイドのプログラミングもできるので、広範囲に利用できます。

Scalaの需要、サーバーサイド開発や広告システムやAIシステムなど案件が拡大しています。JavaからScalaへの移行、JavaをScalaが補うなど2つのスキルが必要になりますが、サービスの立ち上げから参加するなど仕事の幅は広まっていきます。

3位:Python

Pythonは、AIや機械学習分野で、人気が高いプログラミング言語です。

Pythonを使ってできることは、複雑な計算処理のプログラムを作るのに適しています。そして計算・統計処理が使用できます。また、Web系の開発や組み込み系のプログラム、YoutubeなどのWebアプリが使われています。

Pythonは、日本の普及率がまだ低いため、Pythonの言語のプログラミングの技術者は少なく、希少価値が高いです。AI関連と結びついた実務が多くなるため、先端分野上流工程から関わることができます。

そのためには、今からPythonのプログラミングの学習や機械学習の仕組みの知識などを身に付けておくことが必要です。

より市場価値のあるフリーランスエンジニアになるには?

プログラミングでフリーランス生活を始めよう!求められるスキルと単価を紹介
フリーランスエンジニアとして、独り立ちするにはプログラミングや環境構築などIT・Web開発に関するスキルや経験が必要です。また、必要に応じて対応ができるスキルや知識のレベルアップも大切です。

ここでは市場価値のあるフリーランスエンジニアになるために必要な技術や知識等を述べていきます。

フレームワークの経験は必須!

フリーランスエンジニアになるためには、フレームワークの経験が必要です。

フレームワークとは、アプリを作る時によく使われる汎用的な機能をあらかじめ作っておいて、アプリを速く作りやすくすることです。例えばSNSサイトやECサイトなどよく使われる機能は似ています。

そのため、最初からプログラミングを作るのではなく、土台となるフレームワークを作っておいて、そのうえでそれぞれにあったプログラミングをすることです。

効率よく速くプログラミングができるため、フリーランスエンジニアにとって、フレームワークの経験は必要なのです。

エンジニアが関わる範囲の総合的な知識

フルスタックエンジニアは、システムエンジニア・サーバーエンジニア・データーベースエンジニア・ネットワークエンジニアの専門的な技術者が分担して行う開発を全て1人で行います。

フルスタックエンジニアと認められるスキルや経験があれば、どの分野の開発にも参入でき、需要も高まっています。特にスタートアップやベンチャー企業では、フルスタックエンジニアの需要は高いです。

フリーランスエンジニアとして働くためには、IT関連の複数の分野のスキルや知識を覚えておくことが大切です。

コミュニケーション能力

フリーランスエンジニアにとって、必要なことは、コミュニケーション能力です。

フリーランスエンジニアは、単価の交渉や効率的な案件の受注など営業を自分1人でする必要があります。また、案件などを紹介してもらうには、信頼をしてもらうことが大切です。その時、必要になるのがコミュニケーション能力です。

コミュニケーションを大切にすることによって、案件の受注継続や収入の増加など、仕事が円滑に進むようになるでしょう。

スキルアップして市場価値のあるフリーランスプログラマーになろう!

プログラミングでフリーランス生活を始めよう!求められるスキルと単価を紹介
IT業界は、日々変化していくため、フリーランスプログラマーとして働くためには常にスキルアップしていくことが必要です。

スキルアップの方法は、SNSを活用して勉強会や研修会に参加したり、レベルの高い案件への挑戦、ITに関連する最新の本を読んで知識や経験を積むことが必要です。

フリーランスプログラマーは、時間と場所を自由に選んで働けますが、仕事の確保・案件継続をするためには、常に自分のエンジニアとしてのスキルアップしていく必要があります。

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら