最終更新日時:2019年02月12日

ITエンジニアのフリーランスと会社員のメリット比較6つ

今回は「ITエンジニアのフリーランスと会社員のメリット比較6つ」と題して、「ITエンジニアのフリーランスと会社員のメリット比較6つ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「ITエンジニアのフリーランスのメリット」についてご紹介します。



フリーランスのITエンジニアの魅力とは?

ITエンジニアのフリーランスと会社員のメリット比較6つ
一般的にフリーランスというのは、「会社などの組織に所属せず、そのため他人に決められるシフト体制やノルマがなく、自由に仕事環境をもってビジネスをする人」のことを指します。

ITエンジニアなどの・PCメインの職業の人にとって、フリーランスの働き方は、かなり柔軟な仕事環境を得られる方法の1つです。

フリーランスには、一般的な働き方にはない魅力があります。まずはフリーランスのメリットを見てみましょう。

働きやすい?フリーランスになる6個のメリット

この場合、まず一般就労で働く社員とフリーランスで働く人との仕事環境に焦点を当ててみるとよくわかるでしょう。

たとえば一般就労では「大規模なプロジェクト」や「オリジナルプロジェクト」を担当したいと思っていても、「社会的責任」という余計なプレッシャーが掛かったり、人間関係が邪魔をすることがあります。

そのような「働きにくい環境」が会社に雇われているということにあるとすれば、フリーランスの環境は非常に魅力となります。

フリーランスのメリット1:努力すれば給料がアップする

一般就労時代の仕事環境においては基本的に「あらかじめ決められたシフト体制・給与体制」によって、決められた給与額をもらうことが半永久的に義務付けられます。

この給与体制に手当や昇給などがありますが、場合によっては一生給与が上がらないことも普通にあります。この記事を見ている人の中には、このことに不満を感じている人も多いのではないでしょうか。

しかしフリーランスの場合であれば、ITエンジニア技術のレベルが高ければ高いほど個別体制によって給与がアップする形になり、努力すれば昇給を望めます。

フリーランスのメリット2:完全にマイペースで仕事ができる

次に、フリーランスの場合では仕事環境や就労システムが主に「ノルマ制・タスク制」による固定報酬制になることが一般的です。そして、結果さえ出せるのであれば仕事環境は自分で選べることも多いです。

つまり、きちんと終わるのであれば、カフェでも自宅でも、あるいは誰かと遊びながら快適に仕事をしていても一向にかまいません。

毎日オフィスで仕事をすることや、決められたシフトが嫌だという人にとっては快適な生活ができます。

フリーランスのメリット3:ITエンジニアは優遇されやすい

次に「ITエンジニアならではの優遇」についてのご紹介です。ITエンジニアというのは就職する場合においても非常に優遇されやすい職種となり、需要も高いです。

さらに、当然ながら技術が高ければ高いほど難しい仕事が任されやすく、それによって報酬が大幅に上がります。また、技術力があれば仕事が速く終わるので、収入を増やさず労働時間を減らすこともできます。

フリーランスのメリット4:通勤電車に悩まなくもよい

通勤をなくせる、あるいは減らせることにメリットに感じる人は非常に多いのではないでしょうか。

会社員は必ず「通勤」や、「仕事環境があらかじめ決められていることによる悩み」があります。どこかの会社に行き、そこで終日仕事をするという、お決まりの流れで仕事が任される形になります。

そのために通勤しなければならず、その通勤時間に配慮して起床しなければなりません。フリーランスの場合では通勤が必要なく、それに伴うプライベートの時間を犠牲にすることも少なくなります。

フリーランスのメリット5:スキルアップする時間が豊富にある

一般的な週40時間の働き方では、自分の将来のための勉強などに充てる時間が十分にとれなかったり、時間はあっても疲れ切っているということがよくあります。

専門職を続けるのであれば、スキルアップのための時間をとることは大切です。しかし一般的な会社員は仕事時間があらかじめ決まっているため、時間を作るのも簡単ではありません。

しかしフリーランスは働く時間を決めてから仕事を受けるかを決められるので、しっかりと自分のための時間を取ることができます

フリーランスのメリット6:好きな仕事だけを選べる

これはITエンジニアの仕事だけに限りませんが、フリーランスには「お気に入りの仕事だけを選んですることができる」という非常に魅力的なメリットがあります。

フリーランスの場合は主に「個人契約の下で交わされる仕事内容の取り決め」となるため、この相談時に「好きな仕事」とそうでない仕事を振り分けることが可能になります。

これも普通の会社員とフリーランスの大きな違いの1つです。

安定を求めるなら?会社員として働く6個のメリット

ここまでは主に「フリーランスでITエンジニアに就く場合のメリット」についてご紹介してきました。ここからはフリーランスの場合と比較する上で、一般就労で働く会社員のメリットとの比較を元にご紹介していきます。

やはりフリーランスの場合では「個人契約」をはじめとする派遣契約が多くなるため、雇用形態においては、会社に所属する形で働く方が安定感は増すと言われがちです。実際はどうでしょうか。

会社員のメリット1:社員契約の方が安定感がある

これは一般就労で働く場合に交わす雇用形態上の契約書のあり方ですが、基本的にフリーランスの場合では「契約書を取り交わすことは通常だが、その契約内容が短期や派遣の形」がになっており、主に個人契約となってしまうことにその差異が見られます。

また、社員の場合は法律的にも解雇するのが難しいという事情もあります。さらにフリーランスは、そもそも仕事が見つからないというリスクもあります。

つまり、フリーランスの場合では「個人契約」によっていつ足切りされるかわからない状態が見られることがあり、その点においては保険の多い一般就労の方が安定します。

Midworksではこの問題を解決するため、条件に合致していれば紹介できる案件がなくても最低収入を保証するという制度を作ってあります。

会社員のメリット2:保険や手当がしっかりしている

一般就労で働く場合は周知のとおりに「雇用保険」や「社会保険」などによる保険によるフォローが多くあり、その上で給与面での手当・扶助がその雇用契約内容においてしっかり結び付けられている点において安定感が大きく見られます。

この点においてもフリーランスの場合では、目立った保険内容を明記した契約内容はなく、また手当にしても「ない会社」が多く見られます。そのため、短期間で終了する仕事となる場合が多くあります。

会社員のメリット3:組合による補助金制度が充実

一般就労、特に大企業で働く場合はさらに「○○組合」といった、その会社と提携している組合による保険扶助・支援が万全の形で整っていることが普通です。

この点においても、その制度がまだ充実していないフリーランスの場合と比べた上では「安定感の差異」が見られます。

先述の場合と同じく、この保険・扶助の点においてはやはり一般就労で働く場合の方が遥かに安定しており、その点が契約内容にしっかり明記されていることが魅力です。

会社員のメリット4:入社や退職前後のフォローが充実

次に「入社・退職前後のフォローが充実」についてのご紹介ですが、この場合でもやはり一般就労で働く場合の方が遥かに優れている点が見られます。

これはいわゆる「入社時のオリエンテーション」や「退職金」などに見られるフォローアップの差異になりますが、フリーランスの場合ではこの辺りの制度が非常に希薄です。

フリーランスの場合は就労者個人の責任に課す形での仕事依頼となるため、この点は大きな差異となります。

とはいえオリエンテーションなどは煩わしいと感じる人もおり、この点に関しては一概に会社員の方がいいとは言えないかもしれません。

会社員のメリット5:証明書各種が明示される

次に「証明書各種が明示される点でのメリットの差異」についてのご紹介です。

この場合も一般就労で働く場合にはすべての仕事関連書類の明示がしっかりとなされ、一つ一つの重要書類がきちんと個別に手渡される形となります。

フリーランスの場合は「明示する形での書類作成」が基本的に少ないため、仕事管理の面が希薄になります。

「書類管理・整理」の面においても、フリーランスの場合は個別で配慮することが求められます。確定申告などもすべて自分でやることになるため、事務作業が嫌いな人は注意しましょう。

会社員のメリット6:会社の存在が目視できる形であること

これは一言で言う場合は「会社の実在を確認することによる安心」となりますが。

フリーランスでたとえば「リモートでの開発の仕事を受注する場合」には、その会社が本当にビルディングとして実在しているかどうか、またきちんとした正規登録による会社であるかどうか、という点は不明になることがあります。

この点においても、一般就労で働く場合は「会社の実在」が明らかであるため、安定感が見られます。実際支払いでのトラブルがあったというフリーランスの体験談は、多くあります。

フリーランスのITエンジニアに向いている人とは?

さて、次に「フリーランスのITエンジニアに向いている人」についてのご紹介です。このITエンジニアという仕事は一般的に「IT関連の職種で最も基本的かつ応用される仕事内容」を任されることになるため、パソコン関連の知識・技術が専門的に求められることになります。

上記を踏まえた上で、まずIT関連の知識が豊富で、自分のペースで行動することが大好きな人に大きく向いている職種となるでしょう。

向いているタイプ1:PCワークが好きな人

まずこの「PCワークが好きな人」ですが、これはIT関連企業においても基本的に多く見られる「ITエンジニアの性質」であり、その上で「さらにスキルを向上させたい」と切望する人は文句なく向いていると言えるでしょう。

PCワークが苦手という人は今の時代でも多く見られるもので、その傾向を俯瞰した場合では上記の性質を持つ人は「かなり貴重な存在」として迎えられます。

特にフリーランスの場合は1人で仕事を進めることもあり、1人でパソコンに向かうことに少しでも苦痛を感じるのであれば、考え直した方がいいかもしれません。

向いているタイプ2:IT技術が高い人

「IT技術が高い人」が必ずしもフリーランスに向いているかどうかについては、それぞれ個別の趣向によって変わります。

しかし専門的技術を確保しているという点においては、まず間違いなくフリーランス・独立のための条件は満たしているといえます。

ITエンジニアというのは、一般的な職種から見れば「かなり高度な知識・技術を合わせ持つ専門的職業」となるため、この専門的能力を持っているという時点で多くの企業からスカウトされます。

向いているタイプ3:創作が好きな人

この場合の「創作」というのは主に「理系分野における創作技術を好む人」となり、科学の進歩によって、その利器を活用して「新しい物を創造したい・作りたい」とする人は、やはりこのITエンジニアの職種に向いていると言えるでしょう。

ITエンジニアの職種の主な目的というのは、まさにこの「新しい物づくり(創造性)」にあるため、「そのオリジナル性を十分生かした製品開発のための尽力」が求められることになります。

フリーランスITエンジニアを検討時にやるべきこと

さて、先述では主に「フリーランスの場合・一般就労の場合の比較」や「フリーランスのメリット」などについてご紹介してきましたが、ここからは「フリーランスITエンジニアを検討時にやるべきこと」と題して、具体的にフリーランスの仕事を担っていく際に必要なノウハウをご紹介していきます。

フリーランスの仕事を請け負う際にも、まずはネットワークによる就活が必要になるでしょう。その場合は転職サイトがベターです。

検討時にやるべきこと1:エージェントに登録する

まずフリーランスの仕事を請け負う際に検討されやすい「エージェントに登録する」という行動ですが、インターネットでも掲載されている「転職サイト」や「転職エージェント」はもちろん、フリーランス専門のエージェントの利用も検討すべきです。

フリーランスエージェントは、あなたが仕事を見つけるための「営業」として機能し、限られた時間でより条件の良さそうな仕事を探すことができます。

エージェント以外では、インターネットを活用し自分のスキルをアピールしておき、スカウトを待つことがベターでしょう。

履歴書やポートフォリオを用意しておき、サイトに登録したり公開しておきましょう。

最近はクラウドソーシングサイトも大きくなってきたので、そこから始めるのもおすすめです。

検討時にやるべきこと2:必要なスキルを身につける

次にフリーランスの仕事を請け負う際に求められる「必要なスキルを身につける」という準備についてですが、これはITエンジニアだけでなく、他の仕事を受注する場合でも同じように必要とされます。

一つの仕事を請け負う際には必ず「その仕事に必要な能力・スキル」が求められることになり、そのための能力・スキルをきちんとアピールできるよう、あらかじめ配慮しておきましょう。仕事しながらスキルを伸ばす方法もあります。

将来的にフリーランスを目指しているという人は、早めにフリーランスとして働いている人や、フリーランスに関わるサービスをしている人に、話を聞いてみましょう。

検討時にやるべきこと3:仕事環境の整備

次に「仕事環境の整備」についてですが、これはITエンジニアの仕事の場合は特に大事になるでしょう。もちろん記事作成やデータ管理、また内職系の仕事を受注する場合でも必要となりますが、とにかく「実際にその仕事をする際に都合の良い仕事環境を整えておくこと」が大事になります。

その仕事を依頼されてすぐに仕事に就けるよう、早期に仕事環境の整備・管理をしておきましょう。

理解を深めてフリーランスITエンジニアを目指そう!

フリーランスならではのメリット、会社員ならではのメリットがそれぞれあることをご説明してきました。
この記事も参考にしつつ、フリーランスについてのいろいろな情報を得ながら理解を深めて、フリーランスITエンジニアを目指しましょう。
60秒 でできる
無料会員登録