最終更新日時:2019年10月24日

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介

ネットワークエンジニアという職業をご存知でしょうか。ネットワークシステム全体を管理するための技術者ともいえるネットワークエンジニアにはどのような方法でなることができるのか考えてみましょう。ネットワークエンジニアになるために必要な資格などもご紹介します。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアとは、コンピューターのネットワークシステム構築や保守管理などを行う技術系の仕事です。

企業内で働く場合、ネットワークシステムの設計から保守管理、監視までのすべてをひとりで行うケースはほとんどありません。例えば設計や構築はAさん、運用や保守はBさんというように、一人ひとりは限られた部分のみを担当し、担当外の業務はほかの担当者が行う形が一般的です。

ネットワークエンジニアが行う仕事の特徴

前述したように、ひとくちにネットワークの仕事といっても、その内容は設計・構築・運用・保守・監視の大きく5つに分かれます。監視は比較的経験の浅い人でも仕事に就くことができますが、設計や構築になると高い技術が問われ、経験は必須です。

ネットワーク設計

ネットワークの設計では、どのようなネットワークを作るべきか、全体の構想を考え、細かなネットワークシステムを設計していきます。

まずは構成や用いる機器、必要な機能など全体の方針を決める基本設計を行わなければなりません。基本設計ができると、次に機器の設定値を決定し、監視や保守体制、どのように運用していくのかを検討し決定します。

TCP/IP全般や、CCNP以上のネットワークに関する高度な知識が必要とされるほか、クライアントと打ち合わせをする機会が多いため、コミュニケーション能力やマネジメント能力も必要です。

ネットワーク構築

設計書に基づいて実際にネットワーク機器を配置するほか、配線や機器同士のケーブル接続などを行うのが構築の仕事です。いかに無駄なく、低コストでネットワークのトラブルがおきないように構築できるかが技量として問われます。

配置だけでなく、ネットワークが設計通りの動作をするか、回線のテストや調整を行うことも業務です。TCP/IP全般やCCNA~CCNPレベルの知識だけでなく、最新の製品情報や技術の情報収集能力、責任感などが必要とされます。

ネットワーク運用

ネットワークの構築が済み、その後快適に使えるようにするのが運用の仕事です。パソコンの台数に増減があった場合に、ネットワーク構成を変更したり、機器のアップデートを行ったりします。運用業務は、日々のメンテナンス的な役割が大きいと言えるでしょう。

会社によっては運用だけでなく、保守や監視を兼務するところも珍しくありません。運用業務では、ITに関する幅広い知識が求められます。

ネットワーク保守

ネットワークに関するトラブルシューティングを担当するのが保守業務です。ネットワークエンジニアとして働くときに、最初に担当するケースも多い業務と言えます。最初から担当できるとは言え、知識や技量には高度なものが必要です。

全体的な知識はもちろん、トラブルがどこにあるのかを推測する力や、見つけ出すまでの忍耐力、対応能力、コミュニケーション能力など、バランス良くさまざまな能力を使います。

いつ何時でも対応できるようにするため、24時間のシフト勤務としている会社が多いのも特徴です。

ネットワーク監視

ネットワークが運用されているときに、機器が正常に稼働しているかどうかの確認や、機器のリソースを行うのが監視業務です。専用の監視ソフトを使うのが一般的で、トラブルが発生したときは、運用や保守の担当者と連携して対処します。

24時間体制で監視するため、保守同様に多くの会社がシフト勤務を採っています。簡単なトラブルであれば、監視業務の人が対応しているところも少なくありません。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアと混同されやすい仕事のひとつに、サーバーエンジニアがあります。サーバーエンジニアの業務はネットワークエンジニアの業務のうちと間違われがちですが、これらはまったく別のものです。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアがどのように違うのか、整理してみましょう。

サーバーエンジニアの仕事内容

データなど膨大な情報を保管・管理して、コンピューターを運用するサーバー機器。このサーバー機器の設計や構築などを行うのがサーバーエンジニアです。

もちろん、サーバーにトラブルが発生した場合はその対処を行います。常に使いやすいコンピューターにするために改善を施し、今後の予防対策やセキュリティ対策までを担うのがサーバーエンジニアの仕事です。

サーバーエンジニアの仕事に就くには、OSやセキュリティの知識はもちろん、ネットワークの知識の有無も重要なポイントになります。また、サーバー技術はどんどん高度化している傾向にあり、向上心や正確さを追求できる忍耐力も必要となるでしょう。

サーバーとサーバーを繋げるのがネットワークエンジニア

混同されがちなサーバーエンジニアとネットワークエンジニアですが、サーバー機器の設計や構築、保守などを行うのがサーバーエンジニアであるのに対し、サーバーをスイッチやルーターなどを用いて、サーバーとサーバーを繋げるのがネットワークエンジニアです。この2つの業務はまったく別物だと言えます。

サーバーエンジニアの仕事は、ネットワークの知識が欠かせない仕事です。そのため、サーバーエンジニアからネットワークエンジニアへのキャリアチェンジや、その反対のキャリアチェンジをする人もいます。

現在は、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの年収にそれほど大きな開きはありません。しかし、サーバーはクラウド化が進んでいるため、将来的に需要はネットワークエンジニアよりも減少する可能性があります。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアと混同されやすいのは、サーバーエンジニアだけではありません。いわゆるSEと呼ばれるシステムエンジニアもまた、ネットワークエンジニアと同じ仕事だと思われることがあります。ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違いをチェックしてみましょう。

システムエンジニアの仕事内容

システムの設計や開発、プロジェクトの管理などを行うのがシステムエンジニアの仕事です。要件の分析や定義、基本設計やプロジェクトの進捗状況の管理まで、幅広く対応しなければなりません。

システムエンジニアは、顧客の求めている内容を把握し、要件をクリアできるようなシステムを構成するという、いわゆるシステム開発・設計における「上流工程」の部分を担当します。

開発に関わる専門知識が問われるだけでなく、顧客と直接接する機会が多いため、コミュニケーション能力や幅広い業界に対しての豊富な知識も必要です。持っている技術はもちろん、人間力も問われる仕事だと言えるでしょう。

ネットワークエンジニアとは作るものが異なる

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアとでは、特に作り上げるものが異なるという大きな違いがあります。

ネットワークエンジニアは、個々のコンピューター同士が快適にデータの送受信ができるように繋ぐ仕事です。一方のシステムエンジニアの場合は、個々のコンピューターの中で動作するソフトウェアを設計・開発する仕事。ネットワークを作るネットワークエンジニアと、コンピューターのシステムを作るシステムエンジニアは、近いようでまったく違うと言えます。

システムエンジニアが作ったコンピューターシステムを、ネットワークエンジニアが作ったネットワークシステムを使って共有しているといえば、イメージが湧きやすいのではないでしょうか。

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアを目指す人が気になるポイントといえば、やはり年収でしょう。いくつかの大手就職サイトに掲載されている年収情報を確認すると、ネットワークエンジニアの年収は平均450万円程度、300万円~600万円のレンジに当てはまるのが一般的です。

経験とスキルが年収に影響するため、高い技術を身につけることが年収アップの秘訣になります。Cisco Systems社の認定資格を取得するほか、CCIE(エキスパート)の取得も有効です。これにより年収が900万円前後まで跳ね上がることもあります。

ネットワークエンジニアの年収を考えるときには、ほかのIT系エンジニアの年収が気になるところですが、サーバーエンジニアとはそれほど年収の差はありません。システムエンジニアの場合は、平均年収590万円程度だとされており、ネットワークエンジニアよりも高めです。

ネットワークエンジニア自体の今後の需要

これからネットワークエンジニアを目指す場合には、ネットワークエンジニア全体の今後の需要を把握しておく必要があります。技術の進歩がすさまじいIT業界のなかで、ネットワークエンジニアの需要は変化するのでしょうか。

業務がIT化するなかでの需要は高い

業務のIT化が進んでいる現代、ネットワークエンジニアの需要は高いと言えます。IT化の波は、ますます加速度を増そうとしています。クラウド技術の発展やIOTといった世の中の流れは、今のところ留まることを知りません。そういった社会の流れを受けて、ネットワークエンジニアの需要は今後より高まっていくことでしょう。

これまでネットワークといえば、企業活動を円滑に進める際に必要なものとされていましたが、近年その部分にも変化が見られます。離れた場所にいる相手と一緒に楽しめるオンラインゲームの流行によって、ゲーム業界からもネットワークエンジニアが求められているのです。今後、ゲーム業界でのネットワークエンジニアの活躍は見逃せないポイントとなるでしょう。

IT化が衰える兆しはないため、今後もさまざまな形でネットワークエンジニアの需要は高まると予想できます。

セキュリティに精通したネットワークエンジニアには重宝されやすい

ネットワークエンジニアの需要が高まるほど、その仕事に就く人口も増えます。増加するネットワークエンジニアのなかで、自身の存在価値を高め、年収アップを目指すために、技術の向上は必須です。

に情報セキュリティに関しては、企業の意識が年々高まっています。特セキュリティに精通したネットワークエンジニアは重宝されることになるでしょう。企業の動きや世界の動きを敏感に察知し、常に対応できるように勉強することで、ネットワークエンジニアとしての質を高めることができます。

実績のあるネットワークエンジニアは高単価でも働けるようになる

ネットワークエンジニアとして仕事を請けるときに、誰もが単価を上げたいと願うものです。しかし単価を上げるためには、まずは実績を積まなければなりません。

単価の高い仕事というのは、重要度が高くリスクを背負っているケースも多くあり、仕事を任せるクライアント側も、やはり信頼できるネットワークエンジニアへ依頼したいはずです。とはいえ信頼は目では見えないため、ネットワークエンジニアの持っている実績から判断することが多いでしょう。

与えられた仕事を実直にこなし、確実に実績を積み上げることが、高単価の仕事を請けるための近道になります。

需要があるネットワークエンジニアになる方法8

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
専門的な知識やスキルが必要となるネットワークエンジニアになるためには、どのような方法があるのか考えてみましょう。ネットワークエンジニアになりたいと考えている方は、今回の記事を参考に、自分にネットワークエンジニアの仕事が向いているのかどうかを判断したりするための材料としてみてください。

独学で勉強することもできるネットワークエンジニアには、どのような知識やスキルが必要なのか8つの項目でご紹介します。

ネットワークエンジニアになる方法1:クラウドに精通する

クラウドに精通したネットワークエンジニアは将来的にはクラウドエンジニアとしての未来も考える事ができるでしょう。クラウド化が進んでいるのに対し、クラウドに精通するようなエンジニアの数はまだまだ足りてはいません。

ネットワークエンジニアとして働く前に、クラウドに対する知識を身につけておきましょう。知識を身につけておくことで、将来の職業の選択の幅がひろがります。

ネットワークエンジニアになる方法2:プログラミングスキルを身につける

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアにはプログラミングスキルは必要ないとされてきましたが、仮想化ネットワークの普及が進む昨今ではプログラミングのスキルを持っていることはネットワークエンジニアにとって必要なことになっています。

コンピューターのネットワークシステムの設計などをしてきたネットワークエンジニアですが、企業によっては、プログラミングスキルを持つことで、効率的に作業ができると考える場合も増えてきています。

ネットワークエンジニアになる方法3:コミュニケーション能力をつける

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアという職業は、基本として人と話をするなど、コミュニケーションの多い職業といえます。ネットワーク市捨てくの設計や構築などをする場合にはクライアントからの依頼を聞いたり問題点などを話したりしなければいけません。

ネットワークシステムの運用などをおこなう場合も、企業の部門の方と意見を交換しながら行うことが必要となりますので、コミュニケーション能力が欠かせない職業といえるでしょう。

ネットワークエンジニアになる方法4:専門学校などで専門のスキルを身につける

ネットワークエンジニアとしての知識やスキルを身につけて職業にしたいと考えている場合、ネットワーク社会に対応している専門学校へ入学することもおすすめです。

ネットワークエンジニアになるための専門学校はさまざまありますが、情報処理やネットワーク技術をなどを学ぶうえでも専門学校の知識は職業としても生かすことができるといえるでしょう。専門学校を選ぶ際には資料請求などから自分に合ったものを選んでください。

ネットワークエンジニアになる方法5:通信教育などで知識を身につける

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアになるために必要な資格などを身につけたいと考えている方は、通信教育などを使って資格を取得してみる事も大切です。通信教育の場合、自分でどのような資格があるのかなどを探すこともでき、自分のペースで資格取得が可能になります。

ネットワークエンジニアの養成コースなどのようにわかりやすくコースとして学ぶことができるようになっていますので、未経験の方も安心して受講することができるでしょう。

ネットワークエンジニアになる方法6:IT分野の説明力を身につける

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアとして働く場合、クライアント側が全くネットワークについて知識がないという場合も考えられます。そのような場合、IT分野について正しい説明をすることができるということは、大切なスキルといえるのではないでしょうか。

IT分野について話す場合、用語なども相手にわかりやすく伝わるような話し方をすることを心がけましょう。トラブルが起こった場合内容を正しく伝えられることが大切です。

ネットワークエンジニアになる方法7:英語力を身につける

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアに絶対に必要なスキルというわけではありませんが、英語力がある事によって自分自身が成長できるという点につながります。ネットワークシステムは常に新しく更新されていきますが、最新の技術や知識は英語で書かれていることが多いため、資料を読むことができる英語力はあると便利です。

ネットワークエンジニアの場合、海外で働くことも視野に入れて英語力を磨いておくこともキャリアアップに繋がります。

ネットワークエンジニアになる方法8:オフィスアプリケーションの資格を取得する

WordやExcel、PowerPointなどのようなオフィスアプリケーションを使ってネットワークシステムの説明をすることもありますので、オフィスアプリケーションを使いこなすことのできる技術は必要となるでしょう。

オフィスアプリケーションは資格がありますので技術力を高めるためにもオフィスアプリケーションの資格を取得しておくと良いでしょう。オフィスアプリケーション技術の向上にも資格は有効な手段です。

ネットワークエンジニアにおすすめの資格4つ

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアにはどのような資格を持っていることが大切なのか考えてみましょう。根とワークエンジニアは需要が高まってきている職業でもあり、ネットワークエンジニアになるための資格があると企業側に求められる仕事も多いでしょう。

新しい技術力を身につけるために、取得した方がよいおすすめの資格を4つご紹介しますので参考にしてみてください。

資格1:基本情報技術者試験

ネットワークエンジニアを目指す場合、「基本情報技術者試験」の資格を持っていると良いでしょう。基本技術者試験資格とはシステムエンジニアにとっても最も取らなければいけない試験となっており、履歴書にも書くことができます。

資格2:ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験はネットワークエンジニアが持っていると便利な資格といえるでしょう。難易度が高く難しいとされており、独学で合格することが困難といわれています。専門のスクールなどに通ってみる事もおすすめです。

資格3:CCNA

シスコ技術者認定のひとつであるCCNAはネットワークエンジニアとして評価される資格といえます。基礎レベルの資格ですので、ネットわーうエンジニアを目指している方はぜひ取得しましょう。

資格4:CCIE

CCIEもシスコ技術者認定資格の内のひとつで、ネットワークエンジニアにとって最も高く評価される資格といえるでしょう。国際的にも通用する資格ですので、海外などを視野に入れたキャリアアップを目指しているネットワークエンジニアの方はぜひ取得をしてみると良いでしょう。

時代に合ったネットワークエンジニアになろう

ネットワークエンジニアとは?|今後の需要と将来性・必要なスキルや資格も紹介
ネットワークエンジニアになるための方法やネットワークエンジニアになるためにあると便利な資格についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ネットワークエンジニアは需要がある職業ですが、時代とともに未来をみすえたスキルを身につけていくことが大切です。

時代のニーズに合ったネットワークエンジニアになるために、さまざまな技術力を磨いてネットワークエンジニアとして活躍し続けられるようにしましょう。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録