最終更新日時:2019年04月10日

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ

世間には多くの資格があり、取得した資格がその人物をある程度推し量ります。簡単に撮れる資格もあれば、難易度の高い資格も多いです。プロジェクトマネージャーはそんな難しい資格の一つとされます。なぜ、プロジェクトマネージャーの資格試験高い難易度の誇るのでしょうか。



プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの品質、予算、納期、といったすべてを管理する責任者です。平たく言えば顧客がどんな要望を持っているかを聞き出し、納品するまでプロジェクトを進めていきます。

プロジェクトが完成したら、今度は運営チームにそれを引き渡すことで仕事は完了です。簡単に言いましたが、ここに至るまでには、かなり高い能力が要求されます。プロジェクトマネージャーとはかなり難易度の高い仕事です。

プロジェクトマネージャーになるには

プロジェクトマネージャーという職に就くための資格自体はないもののスキルアップの資格は取っておくに越したことはありません。

プロジェクトマネージャーになるには、そのための能力や知識を測るプロジェクトマネージャー試験を受けるのが良いとされます。

他にもIT関連のITストラテジスト試験、基本情報技術者試験などがありますが、プロジェクトマネージャー試験は受けておいた方がいいでしょう。ただし難易度は超高度です。

プロジェクトマネージャー試験の内容

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャー試験というものがあることはわかったものの、具体的にどんな試験で、難易度がいかほどなのか知らない人も多いでしょう。

プロジェクトマネージャーを目指すなら、試験について知っておいて損はありません。プロジェクトマネージャー試験は情報処理技術者試験に区分されており、試験制度のスキルレベルは4に当たります。4段階あるうちの4、つまり最高難易度です。

試験の形式

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャー試験は午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱと分けられています。

午前Ⅰは50分間で行うマークシート式の筆記試験です。30問ほどですが内容はプロマネージャー試験以外の高度情報処理技術者試験と同じレベルのものが出されます。

午前Ⅱでは同じくマークシート試験で、午前Ⅰよりもハイレベルな問題が出題されます。後は3題から2題を選ぶ記述式試験と論文です。場合によっては午前Ⅰの試験が免除されます。

合格率

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャーの気になる合格率は、受験者、応募者の比率や平均を鑑みて10パーセント前後です。10人受けて1人しか受かりません。プロジェクトマネージャーの試験がいかに高難易度かおわかりいただけたでしょうか。

合格点

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャー試験の合格点は、基準値の60%以上です。午前Ⅰ、Ⅱ、そして午後Iはいずれも60%以上の得点で合格となります。最後の午後Ⅱの結果はA、B、C、Dの四段階のレベルで表されランクAのみが合格です。

費用

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
資格試験にもいえることですが、試験の合格にはそれなりの費用がかかります。プロジェクトマネージャー試験合格も例外ではありません。

独学で勉強するか講座を受けるか、実務経験の違いなどによってかかる費用も変わってきます。自分の能力をまず把握し、自分に合ったプロジェクトマネージャー試験のための勉強をしましょう。そうすれば費用を最低限に抑えられます。

ちなみに、試験自体の費用は5,700円です。

試験難易度は高い!その5つの理由とは

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャー試験の難易度は、情報処理系統の試験の中でも特に難易度が高いと言われます。それもそのはず、この試験をパスするということは、それだけの能力が求められているからです。

その能力とはシステム開発のプロジェクトをスムーズに行うことで、簡単なようで難しい能力と言えます。プロジェクトのマネージメントはあらゆる角度からの切り込みが必要だからです。試験難易度の高さは、求められる能力の高さです。

理由1:論述のスキルが必要

プロジェクトマネージャー試験の難易度が高い理由の一つは、論述のスキルです。最終試験では論文を書かなくてはなりません。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの進行役にして管理者なので、人を使う立場であり、クライアントとも話さなくてはなりません。「ええと」などと戸惑っているようでは周りの人もついては来ないでしょう。

物事を筋立て、要約して伝えるスキルがなくてはプロジェクトの進行は難しいと言えます。

理由2:4つの試験すべてで60%以上の正答率が必要

プロジェクトマネージャー試験の難易度が高い理由の一つは、4つの試験をオールクリアしなくてはいけないからです。それもすべて60%という正答率であり、最終試験もAランクという最高位でなくてはなりません。

しかも、午前Ⅰに合格をしても、午前Ⅱが不合格だとそれ以降の試験は採点されないというシビアなシステムです。高難易度の仕事は、必要な試験も高い難易度を持ちます。

理由3:多岐にわたる知識が必要

プロジェクトマネージャー試験では、多岐にわたる知識が必要になります。ITだけではなく、その時のプロジェクトに応じて求め荒れる知識も変わってくるからです。

もちろん、プロジェクトマネージャー試験においても多大な知識は要求されます。文系、理系、ありとあらゆる知識の取得は東大受験がまだ簡単に見えるほどの高難易度です。

理由4:経験・知識・技術を要求されるため難易度が高い

プロジェクトマネージャーは、知識だけでは務まりません。頭でっかちではなく、経験と時には技術も要されます。特に経験は大事です。右も左もわからない状況の中、経験豊富な人に導いてもらえれば心強いでしょう。

理由5:難易度の高さは評価の高さ

頼られるということは、それだけのものを持っていなくてはいけないことを意味します。そのため試験内容は難易度が高く、受験に際して知識や技術も培われます。高難易度の案件を実務でこなせば貫禄も付くでしょう。

知識、経験、技術は信頼を得るための大きな武器です。プロジェクトマネージャー試験の難易度が高いのは、信頼を得られるだけの仕事であるという評価の証と言えるでしょう。

プロジェクトマネージャー試験の対策方法

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャー試験は分野も幅広いので、あらゆる分野をカバーできる勉強をするのがおすすめです。

プロジェクトマネージャーになるには、文系、理系、どちらかに偏っていてはいけません。難易度の高いプロジェクトマネージャーの試験をいかに突破するかは、いかに自分に合った勉強をするかにかかっています。

勉強法については独学、口座に分けることが可能です。

独学の場合

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャー試験は、独学でも勉強は可能です。プロジェクトマネージャーという立場は経験がものを言うので、科目免除が受けられるほどの実務を積んでいれば独学で勉強するのもいいでしょう。

一人では心細いですし、時間がかかるというのも事実です。それでも、独学の強みは自分のペースでできることにあります。可能なら時に相談をし、勉強を進めてください。

講座を利用する場合

資格スクールなどで、プロジェクトマネージャー試験の講座を受けることが可能です。独学ではちょっと不安と言う方はこちらがいいでしょう。

論述について、他者の意見を聞くことができるのが講座を受ける場合の利点です。自信がある方はもちろん独学でもいいのですが、時には他者、専門家の意見も聞いた方が得策でしょう。

講座の受講期間はスクールにより異なります。より実践的な勉強は望むなら講座受講がおすすめです。

必要な勉強時間

プロジェクトマネージャー試験に合格するにはどれくらい勉強をすればいいのでしょうか。ここで言う勉強時間は1日分ではなく試験までにかかる時間です。

はっきりとした必要な勉強時間は決まっていません。それというのも、個々の能力差があるからです。午前Ⅰが免除されるケースもあれば論述に問題があるケースもあります。

自分の能力を鑑みて、無理をせずに行うに越したことはありません。まずは能力の下地をつけましょう。

試験を受けるなら万全の対策をしよう

プロジェクトマネージャー試験の内容と高難易度の訳5つ
プロジェクトマネージャーの仕事生半可な覚悟でできるものではありません。試験の難易度が高いのは、色々な人の命運を握る責任の重い立場に立つからです。

プロジェクトマネージャーになるなら、そしてその試験を受けるなら、覚悟と信念をもって、そして万全の対策をしましょう。

優秀なプロジェクトマネージャーになる道は、試験を受けると決めたその時に既に始まっています。
60秒でできる
無料会員登録