最終更新日時:2019年09月28日

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント

今回は「組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント」と題して、「組み込みエンジニアの市場価値・その基礎知識」についての詳細情報のご紹介をはじめ、特に「組み込みエンジニアの正確な理解とポイント」についてご紹介します。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

組み込みエンジニアとは

一般的に言われる「組み込みエンジニア」というのは、「家電や携帯電話、AV機器、自動車などさまざまな製品に組み込まれるソフトウェアを開発する技術者」のことを指し、つまり既存の電化製品やソフトウェアなどの部品を専門的に製造する技術者のことを言います。

このような組み込みエンジニア的な仕事・職種は、現代において非常に分野を広げており、特にIT社会の到来によりこの組み込みエンジニアへの取り組みは増進しています。

組み込みエンジニアが活躍できる分野

先述では「組み込みエンジニア」についての基本的な情報についてご紹介しましたが、ここからいよいよ「組み込みエンジニア」が特に活躍している企業分野についてのご紹介をはじめ、組み込みエンジニアならではの魅力をご紹介していきます。

組み込みエンジニアが活躍する分野は特に「プログラミング系の業種」に多く見られており、先述の電化製造業やWeb開発企業などをはじめ、既存製品への改良部門において活躍しています。

組み込みエンジニアのニーズ

次に「組み込みエンジニアのニーズ」についてです。これは先述しました「組み込みエンジニアが活躍できる分野」を俯瞰すればわかるように、「既存の製品をどのように改良すればさらにニーズの高い商品とできるか」などを考案する、いわゆる企画業種からのオファーが破格に多いでしょう。

たとえば現在のWeb企業でのニーズは「行き着くところまで行き着いている」と言われる場合が多く、この限界を打破する際の需要とされます。

組み込みエンジニアに必要なスキル

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
次は「組み込みエンジニアに必要なスキル」についてのご紹介です。まず組み込みエンジニアの職種内容を把握した上で、組み込みエンジニアが活躍する企業分野を確認しておきましょう。

その上で組み込みエンジニアに求められるスキルは大きく3つあり、1つ目は「ソフトウェア開発についての知識」、2つ目は「改良制作における技術」、そして3つ目はクラフトワークとしても認められる「デザイン設計への知識」です。

市場価値を知る8つの大切なポイント

さて、先述では「組み込みエンジニア」についての基本的な知識と、その組み込みエンジニアが活躍する分野についてご紹介しました。ここから「組み込みエンジニアに関する市場価値を知る8つの大切なポイント」と題して、さらに深く組み込みエンジニアの魅力について見ていきましょう。

この場合の「市場価値」というのはいわゆる「ニーズ・需要」のことで、どれだけ組み込みエンジニアの職種が専門的かを知る基準になります。

ポイント1:C言語系(C、C++)を知る

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
まずWeb関係で常に問われるこの「C言語」についてですが、これはいわゆる「OPEN系言語」としてある「ソフトウェア開発に適した言語の1つ」です。パソコンを日常から使用する人はわかりやすいでしょうか。

つまり「パソコンを設計する際に必要となるプログラミング言語」のことで、そのC言語の組み換えによって、ネットワークシステムそのものの設計を置き換え、さらに新しい分野に対応できるシステム設計に役立てます。

ポイント2:Javaを知る

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
次にこの「Java」についてですが、これもいわゆる先述しました「C言語」の類と同じく、コンピューターのシステム設計を図る際に必要となる「プログラミング言語」の1つとされています。このようにプログラミング言語というのはいくつかの「独自の言語」の組み合わせで成り立っており、その組み替えによってシステム設計を図ります。

組み込みエンジニアの職種では、このプログラミング言語の組み換え技術が必要となります。

ポイント3:アセンブラ言語

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
次に「アセンブラ言語」ですが、これも先述の「Java」や「C言語」などと同じくプログラミング言語として扱われており、特に「プログラム可能な機器を動作させるための機械語を人間にわかりやすい形で記述する」といった、集積型のプログラム設計時に活用されます。

組み込みエンジニアの職種内容では、特に「既存製品を別の用途に向けて利用できるよう、システム設計を組み替える」という作業も含まれるためとても重要です。

ポイント4:マイクロアイトロン

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
次にこの「マイクロアイトロン」についてです。これはコンピューターシステムの根幹となる「OSシステムを直接組み替える・転換する」という作業が求められることになり、つまり機種同士の互換性を組み替える際や、また性能の低い従来の商品のCPUを改良することによって、まったく別の機種として作り変える作業となります。

主に組み込みエンジニアの大きな目的となるため、ぜひこの点も理解しておきましょう。

ポイント5:マッチングマップ

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
次に「マッチングマップ」についてですが、これは主に日常生活でも利用されているGoogleマップやGoogleアースなどでもお馴染みの「空間縮図」といったリアルタイムでの地域検索機能・ナビゲーション機能のことを指します。

現代のアプリケーションではこの「マッチングマップ」の活用が多く見られており、組み込みエンジニアの職種ニーズでも「既存の商品にマップ機能の搭載」が求められる場合が多いです。

ポイント6:独自のソフトウェア開発

次に「ソフトウェア開発部門」における組み込みエンジニアの職種ニーズについてです。まず組み込みエンジニアが大きく掲げる職種理念では「改良製品を具体的に促進していく作業」があり、その上で実用化できるシステム設計への実現を意図する修正・改正プランが目玉となります。

この場合、主に既存のソフトウェアだけでなく、ソフトウェアの独自開発などにも着手しており、その上で新製品の開発を試みる企画も重要になります。

ポイント7:IC開発技術の促進

次に、昨今から世間を騒がせているこの「IC技術」の促進についてのご紹介です。ICというのは「回路素子を1つのパッケージとしてまとめた回路のこと」を差し、ソフトウェア開発やアプリケーション改良部門においても非常に重要となる要素です。

IC機能は特定のコンピューター設計において「OS機能を促進させる働き」を持つため、組み込みエンジニアによる改良・開発によってさらなる技術促進につなげることができます。

ポイント8:プログラミング改良技術の促進

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
次は「プログラミング改良技術の促進」についてのご紹介ですが、これは先述しましたプログラミング言語使用の重要性と同じく、コンピューター設計における重要な項目となります。プログラミングというのは主に「特定のシステム機能を1から作り上げること」を指すため、この場合の組み込みエンジニアのニーズは独自開発に向けて重要となります。

従来の既存製品に見られた機能データを集積し、それを基準にした設計が可能です。

組み込みエンジニアの年収相場

さて、先述では「組み込みエンジニア」についての職種ニーズ・将来性などをメインにご紹介してきましたが、ここからは「組み込みエンジニアの年収相場」と題して、実際に組み込みエンジニア関連の職種に就いた場合の年収・キャリアアップ状況などについてご紹介していきます。

現代でも非常に需要が高い組み込みエンジニアであるため、必要情報の事前確認をしっかりしておきましょう。

C言語が使える方が高年収

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
まず組み込みエンジニアの職種内容(市場価値)においてご紹介してきましたが、組み込みエンジニア関連の職種に就く場合、この「C言語を扱える能力がある」という方が確実に高年収を獲得できるでしょう。確かに別の特定の分野に秀でる能力がある場合はそちらで年収アップが期待できますが、C言語の知識は飽くまでも基本的なニーズになります。

基本的な知識として一度覚えてしまえば役立つため、ぜひC言語を勉強しましょう。

組み込みエンジニアの収入アップ方法

組み込みエンジニアの平均年収は「650万円から700万円程度」で、これは先述の「C言語を使える場合の組み込みエンジニアの平均年収」となります。またアセンブラ言語を使える場合の平均年収は550万円から600万円程度」で、このように組み込みエンジニアの場合は「使える能力」によって年収が変わります。

この場合、ソフトウェアとハードウェアのどちらも扱えるオールラウンダータイプが年収アップにつながります。

人工知能開発エンジニアへのキャリアアップ

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
次に「人工知能開発エンジニアへのキャリアアップ」についてですが、この人工知能開発エンジニアというのはシステムエンジニアとしてのキャリアの中でもかなり高いレベルとなるため、それだけで年収アップにつながることが期待できるでしょう。

特に組み込みエンジニアの作業内容はこの「人工知能を扱ったシステム設計部門」でも大きく活躍できるため、接点が多いことがキャリアアップへの道をさらに広げてくれます。

トレンドをキャッチアップできるようにする

組み込みエンジニアに求められるスキルとしては、まずこの「トレンドをキャッチアップできるようにする」という顧客ニーズを正確に理解しておく姿勢になります。もちろんどの企業においても顧客ニーズに即した仕事がなされるため、これは組み込みエンジニアの場合でも同じになります。

流行トレンドを正確に把握しておき、どのような製品開発が現代に受け入れられるかをしっかり確認することがキャリアアップへの近道になります。

組み込みエンジニアを目指そう

組み込みエンジニアの市場価値とは?|大切な8つのポイント
いかがでしたか。今回は「組み込みエンジニアの市場価値とは・大切な8つのポイント」と題して、「組み込みエンジニアの市場価値・その基礎知識」についての詳細情報のご紹介をはじめ、特に「組み込みエンジニアの正確な理解とポイント」についてご紹介しました。

組み込みエンジニアという職種は一般的に「既存製品をさらに開発し、その上で顧客ニーズを充足するための仕事」として認められため、非常にニーズが高くなります。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録